猫メイクで踊って楽しむ伊豆の奇祭、第31回「かんなみ猫おどり」が8/4に開催

猫のメイクをして踊って楽しむお祭り「かんなみ猫おどり」が2018年8月4日(土)、静岡県田方郡の函南町(かんなみちょう)で開催されます。

2018年「かんなみ猫おどり」のポスター(C) Kannami Town

「かんなみ猫おどり」とは、同町の軽井沢(かるいさわ)に伝わる「猫踊り」の民話を元に1998年から開催されているイベントで、会場には無料で猫メイクをしてもらえるコーナーが設けられ、猫のお化粧をした参加者が自由に踊ったりして楽しむ光景が見られるなど、「伊豆の奇祭」として親しまれています。

毎年、8月初旬ごろに行われているイベントですが、開始から30周年を迎えた昨年はハロウィーンも兼ねて10月に開催。町内外から2万人もの人々が参加して賑わいました。

2018年の今年は8月4日(土)に開催が予定されており、会場では大道芸やバルーンアート、猫の福菓子撒き、猫音頭、ライブ、民謡紹介など、さまざまなイベントが行われます(※雨天時は翌日順延)。

中でも毎年恒例で来場者の注目を集めているのが、猫をテーマにした「コスプレ」と「踊り」のコンテスト。

猫のコスプレをしていれば年齢性別問わず参加できる「なりきり!コスプレコンテスト」や、猫メイク×猫をモチーフにした衣装を身にまとい、3人以上のグループで踊る「猫じゃ猫じゃコンテスト」は多くの人々を楽しませています。


いずれも申込用紙にて応募を行いますが、今年の「猫じゃ猫じゃコンテスト」はすでに応募を締め切り済み。一方、コスプレコンテストは申込用紙に記入のうえ、イベント開催日の指定時間までに運営本部の受付に集合すれば、当日参加することもできます。

また今回は、昨年同町にオープンした伊豆の魅力を集めた施設「道の駅・伊豆ゲートウェイ函南」と、日本大学三島高等学校ダンス部が結成したグループ「TEAM・伊豆ゲートウェイ函南」も参加。

かんなみ猫おどりに参加予定のグループ「TEAM・伊豆ゲートウェイ函南」猫おどりに参加するニャ

メンバーはプロダンサーによる指導の元、函南から世界に発信していくダンスを完成させるべくレッスンを重ねていて、来年以降はオリジナルメンバーの発足と全国ツアーの開催、その後は世界デビューも目指しているプロジェクトなのだとか。

8月4日のイベント当日は、17時35分と19時10分の2ステージに登場し、高校生らしいエネルギッシュでかつ斬新なステージを披露する予定だそうですので、イベントに訪れた際はぜひ鑑賞してみては。

「TEAM・伊豆ゲートウェイ函南」のメンバーたちTEAM・伊豆ゲートウェイ函南

今回ご紹介した「かんなみ猫おどり」の会場に駐車スペースは設けられていませんが、伊豆箱根鉄道伊豆仁田駅、JR函南駅、函南町役場の3地点と会場を結ぶ無料のシャトルバスが随時運行されます。

興味のあるネコ好きさんは、観覧したり参加してみてはいかがでしょうか。

参考:無料シャトルバス 時刻表
(C)Kannami TOURIST ASSOCIATION/(C)kawata construction Co.Ltd.