岩合光昭 写真展「ネコライオン」が静岡・佐野美術館で7/7〜開催

動物写真家・岩合光昭さんの写真展「ネコライオン」が7月7日から、静岡県三島市にある佐野美術館で始まります。

岩合光昭 写真展「ネコライオン」が静岡・佐野美術館で7/7〜開催(c)Mitsuaki Iwago/Sano Art Museum

 


ネコライオンとは?

岩合光昭さんは自ら「動物写真家」と名乗っているとおり、その被写体は動物全般が対象で、これまでに地球上のあらゆる地域をまわって、ライオンやホッキョクグマ、クジラなどさまざまな野生動物を撮影しています。

その岩合さんが、特に多くの時間を割いて撮影しているのが「ネコ」と「ライオン」。

同じネコ科でありながら、身体のサイズや住環境、生活スタイルなどは大きく異なりますが、岩合さんによると、それでも両者にはどこか似ているところがあり、撮影を重ねるうちに「ネコは小さなライオン、ライオンは大きなネコ」と感じるようになったと言います。

写真展「ネコライオン」では、そんな岩合さんのカメラが捉えた人間と共生するネコ、そして野生に生きるライオンの姿、約100点の写真作品が展示。

ネコライオン 展示会場イメージ過去の展示会の様子 (c)Crevis inc.

「視 See」「触 Touch」「味 Taste」「嗅 Smell」「聴 Hear」という、5つのジャンルに分類されたネコとライオンの写真を比較し、彼らの共通点や差異を感じることで、人間がどこかに忘れてきてしまった「野生」を浮き彫りにしていく構成となっています。

※実際の展示内容は一部異なる場合があります。

 

展示作品イメージ

「ネコライオン」、子供を咥えて運ぶ猫の写真(c)Mitsuaki Iwago

「ネコライオン」、子供を咥えて運ぶライオンの写真(c)Mitsuaki Iwago

「ネコライオン」、あくびをしている猫の写真(c)Mitsuaki Iwago

「ネコライオン」、あくびをしているライオンの写真(c)Mitsuaki Iwago

※写真引用:crevis.co.jp

 

トーク&サイン会

写真展の初日となる7月7日には、岩合さん本人が来場してギャラリートークとサイン会が開催されます。

■岩合光昭さんのギャラリートーク
日程:2018年7月7日(土)
時間:1回目 11:00~ / 2回目 14:00~
場所:佐野美術館2階展示室
※参加には美術館の入館券が必要、各回約30分程度の予定

岩合光昭さんのギャラリートークイメージ過去のギャラリートーク by facebook.com

■岩合光昭さんのサイン会
日程:2018年7月7日(土)
時間:各回ギャラリートーク終了後
場所:佐野美術館講堂
定員:各回先着100名
※当日10:00/13:00から1Fミュージアムショップにて岩合光昭さんの書籍を購入したを対象に、各回先着100名まで整理券を配布。

岩合光昭さんのサイン会の様子過去のサイン会 by facebook.com

 

関連企画

■自慢のネコ写真を大募集
写真展の会期中に自身で撮影した猫の写真を持参または郵送すると、美術館の専用スペースに掲示してもらうことができます。

写真サイズ:L版プリント(約8.9cm×12.7cm)
応募点数 :1人1点まで
応募期間 :2018年9月2日(日)まで

<郵送先>
〒411-0838 静岡県三島市中田町1-43
佐野美術館「ねこ写真」係

※写真の返却は不可
※人物が写りこむ場合は本人の承諾が必要

 

写真展 概要

名称:岩合光昭 写真展 「ネコライオン」
期間:2018年7月7日(土)~9月2日(日)
時間:10:00〜17:00
  ※入館は閉場の30分前まで
休館:木曜日
料金:1,000円、小中高校生500円
  ※毎週土曜日は小中学生無料

会場:佐野美術館

静岡県三島市中田町1-43