猫×天売島×かぶりもの。石原さくらさんの写真展が12月1日から開催

12月1日から東京・銀座にあるソニーイメージングギャラリーにて、猫写真家・石原さくらさんの作品展が開催されます。

石原さくらさんは、猫写真家として雑誌の写真連載やテレビ出演、写真教室の開催、ネコ写真展で審査員などの活動をおこなっている傍ら、デボンレックスシンガプーラのブリーダーとしても活動中。

明後日から行われるのは、北海道の天売島(てうりとう)で撮影した猫たちの写真と、かぶりものを身に着けた猫の写真を展示するという、趣の異なる作品展です。

天売島は北海道の北部、日本海に浮かぶ周囲約12kmほどの島。

最北端の猫島とも言われる北海道の天売島By Snap55 | CC 表示 3.0, Link

日本有数の海鳥の繁殖地として知られる島で、かつては200~300匹の猫が暮らしていたため日本最北の猫島とも呼ばれています。しかし、その多くは野生化していたことから海鳥の繁殖に悪影響を与えているとされ、不妊手術や譲渡などによって野良猫をゼロにするための取り組みが進められています。

石原さんは、いま天売島に暮らしている猫と島の取り組みの現状を記録したいとの思いから、冬と夏に天売島を訪れて撮影を実施。今回の展示会では天売島で撮りためた写真の中から49点の作品が展示される予定となっています。

もう片方の展示作品群は、意外にも「かぶりもの」を被った猫たちの写真です。

猫を飼っている方の中には愛好家も多い、カプセルトイメーカーのキタンクラブが販売している「猫用のかぶりものシリーズ」。

キタンクラブの猫のかぶりものを被っている、泥棒猫に早変わりできるニャ

ひつじやうさぎ、ハロウィン、サンタクロースなど色んなコスチュームで愛猫が変身できるとあって人気を集めているアイテムですが、実はこのパッケージ写真を手掛けているのが石原さん。その多くは埼玉県の猫カフェ「猫家」川越店にて撮影が行われているんですね。

作品展では、パッケージに採用された写真以外の作品が11点ほど展示される予定で、中にはY!mobileのテレビCMで有名な「ふてネコ」こと、「春馬くん」を撮りおろした作品も含まれているのだとか。

「天売島の猫」と「かぶりものを被った猫」。振り幅の大きな展示内容となっていますが、どちらも石原さんの猫への愛が込められた作品となっていますので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

また、12月3日(日)と9日(土)には、石原さくらさんによるギャラリートークも開催。

3日にはゲストとして、カプセルトイメーカー・キタンクラブで猫のかぶりものを担当している「はませのりこ」氏を交えたトークが行われるほか、9日は石原さんによるギャラリートークが行われる予定で、いずれも入場無料&事前予約は不要となっています。

 

石原さくらさん ギャラリートーク

■2017年12月3日(日) 14:00~15:00
ゲスト:「キタンクラブ」ねこのかぶりもの担当「はませのりこ」氏

■2017年12月9日(土) 14:00~15:00

 

天売島 最北の猫の島 ~’17 冬・夏の記録~ / ねこかぶり

期間:2017年12月1日(金)~12月14日(木)
時間:11:00~19:00
会場:ソニーイメージングギャラリー銀座
入場:無料


東京都中央区銀座5−8−1 銀座プレイス6F