芦沢ムネトが描く癒やしの猫キャラ「フテネコ」の個展が4月3日から原宿で開催中

Twitterで生まれた人気の猫キャラクター、フテネコのイラスト作品などを展示する「フテネコツアーズ リターンズ」が4月3日から東京・原宿で行われています。

フテネコツアーズ リターンズのメインビジュアル

「フテネコ」とは、飼い主のことが大好きだけど、フテぶてしくて、時々ロック。どこかシュールな感じを漂わせている不思議な癒し系ネコ。作者がツイッターにイラストを公開するとたちまちリツイートされる、人気の猫キャラクターです。

描いているのはお笑いユニット・パップコーンのリーダー兼ツッコミ担当で、人気ラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)のパーソナリティー「あしざわ教頭」を務めるなど、マルチに活躍している芦沢ムネトさん。

芦沢ムネトの近影
芦沢ムネト

2011年から自身のTwitterで公開しているフテネコはアーティストにもファンが多く、ミュージシャンの高橋優さんやロックバンドBRAHMAN(ブラフマン)などのミュージックビデオをはじめ、数々のCDジャケットや公式グッズなどにも採用。

昨年には、芦沢さんがこれまでに書き溜めたフテネコの原画やコラボデザイン、未公開作品などを展示する「フテネコツアーズ展」が大阪(6月)→福岡(7月)→広島(9月)→名古屋(10月)→原宿(12月)と全国の都市を巡回して行われていましたが、ふたたび原宿で開催されることが決定。

今回はフテネコツアーズで展示した作品に加えて、フテネコ作品やフテネコ以外の漫画なども展示されているほか、コラボデザインや「あるある作品」、初期のフテネコ作品など、見どころの多い展示内容となっています。


会場ではフテネコツアーズ展で販売されていたオリジナルグッズをはじめ、サコッシュやTシャツなどの新作、リニューアルした缶バッジもなども販売。

会期中の4月6日と7日には芦沢さんが会場に在廊予定で、トーク&サイン会、ライブドローイングなどのイベントが予定されています。


 

■トーク&サイン会
2019年4月6日(土) 14時〜

■ライブドローイングとサイン会
2019年4月7日(日) 17時〜

※サインは1,000円以上のグッズ購入者限定

会場となるのは、コミュニティースペース「原宿subaCO」。

コミュニティースペース「原宿subaCO」の外観
原宿subaCO

設立から16年間にわたって街のごみ拾い活動を行うNPO法人green bird が運営している施設で、スマートフォンの充電や飲み物の購入、興味のあるイベントに参加したりする等の行動を通じて寄付ができる「寄付をはじめるきっかけの場所」として昨年10月にオープン。展示やイベントスペースしても活用されています。

本イベントの開催期間は4月8日まで。
来場者には記念品のステッカーを先着順・数量限定でプレゼントする特典も用意されています。

 

イベント概要

名称:フテネコツアーズ リターンズ
期間:2019年4月3日(水)〜4月8日(月)
時間:13:00〜18:30(平日)
  :13:00〜20:00(土日)
入場:無料

会場:コミュニティースペースsubaCO

東京都渋谷区神宮前6-31-21

<最寄駅>
東京メトロ副都心線/明治神宮前 徒歩1分
JR山手線/原宿 徒歩4分

(C) green bird