黒猫のバーチャルバンドも登場!「真夏のデザインフェスタ2019」が8月3日より開催

東京ビックサイトで8月3日から行われるアートイベント「真夏のデザインフェスタ2019」にバーチャルな黒猫キャラによるバンドが登場して演奏を披露します。

黒猫のバーチャルバンド「AMOW」

デザインフェスタはプロ・アマチュア問わず「自由に表現できる場」として1994年からスタートしたアートイベントで、作品の展示や販売、パフォーマンスなど、オリジナルであれば無審査で誰でも参加することが可能。

来場者は年齢や国籍、ジャンルやスタイルを問わず、様々なアーティストが作り出すオリジナル作品との出会いを楽しむことができます。

デザインフェスタのパフォーマンスイメージ

2019年8月3日(土)〜4日(日)にかけては「真夏のデザインフェスタ2019」が開催され、会場には一日約2,000ものブースが出展。ショーステージやライブペイント、ブースエリア、ワークショップエリア、フード&パフォーマンスエリアなど、世界中から集まった個性的なアーティストたちが作品を披露します。



 

ブース番号「C-32」には、ニューテクノロジーと流行音楽を結合させた世界初の黒猫バーチャルバンド「AMOW」が登場。

黒猫のバーチャルバンド「AMOW」の演奏風景

「AMOW」は音楽プロデューサーや音楽クリエイター、映像アーティスト、システムエンジニア、アニメーターによって作り出された、黒猫のバーチャルキャラクターたちで構成されるバンドで、時にはメインボーカルが一人だけになったり、時には突然ドラマーやギタリストなどのメンバーや楽器が飛び出してきたりと、変幻自在なパフォーマンスをするグループです。

キーボードを演奏する黒猫のバーチャルキャラクター by AMOW

デビュー曲はアメリカの有名な音楽グループ、ジャクソン5の名曲「I Want You Back」をネコ風にアレンジしたバージョン。自由とオリジナルの精神で原曲に新しい解釈を加えたカバー曲で、アーティストへのリスペクトも込めた作品に仕上がっているのだとか。

ジャクソン5と黒猫のバーチャルバンド「AMOW」

同じくCエリアには、羊毛フェルトのネコ作品やどうぶつ病院併設の猫カフェによる作品など、猫をモチーフにしたブースが登場。会場全体ではイラストや雑貨、アクセサリー、猫用品、アートなどなど、猫に関連するブースは全部で40件以上もの出展が予定されています。

会場となるのは、東京ビッグサイトの青海展示棟。

東京ビッグサイト 青海展示棟の外観イメージ

東京ビッグサイト 青海展示棟の内観イメージ

東京オリンピック開催の影響により一部施設が使用できなくなった代替スペースとして、2019年4月から2020年11月までの期間限定で設置されている仮設の展示棟で、青海展示棟での開催は今回が最初で最後になる可能性もあるとのこと。

本イベントは2日間限定での開催となっていますが、興味のある人はお気に入りの猫アートを探してみては。

 

イベント概要

名称:真夏のデザインフェスタ2019
日程:2019年8月3日(土)、4日(日)
時間:11:00~19:00

会場:東京ビッグサイト 青海展示棟

〒135-0064 東京都江東区青海1丁目2-33

(C) FREE’S/Design Festa Ltd

最近の投稿