懐かしのアニメの魅力に迫る「トムとジェリー展」4/17から松屋銀座で開催

ネコのトムとネズミのジェリーが追いかけっこを繰り返すドタバタ劇を描いた昔懐かしいアニメーション、「トムとジェリー」の魅力に迫る展覧会が4月17日から東京都中央区にある百貨店・松屋銀座で開催されます。

「トムとジェリー展」のメインビジュアル

トムとジェリーはアメリカの映画会社に所属していたアニメーター、ウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラの2人組が1940年に短編作品として世に送り出した人気アニメ。

凶暴だけどどこか憎めないネコと策略家であるネズミの攻防をユーモアたっぷりに描いた作品は瞬く間に人気を博し、第1作目でいきなりアカデミー賞にノミネート。その後は計7回のアカデミー賞に輝いているほか、テレビアニメーションの世界でもヒット作品を連発し、2人が設立したハンナ=バーベラ・プロダクションはディズニーと双肩するアニメーションスタジオに成長。

トムとジェリーを始めとしたアニメーション作品はアメリカ文化の象徴として、長きに渡って世界中の子どもたちを魅了し続けています。

トムとジェリー展の展示作品「パーティ荒らし」
パーティ荒らし

 

本展はそんなトムとジェリーが2020年に誕生から80年を迎えることを記念して行われる世界初の展覧会で、会場となる松屋銀座8階のイベントスクエアには日本初公開となる貴重な原画約200点をはじめ、初期のセル画や設定資料、当時のキャラクターグッズなど約300点の資料を展示。

トムとジェリーをはじめ、作者であるハンナ=バーベラ作品の魅力に迫る展覧会となっています。

トムとジェリー展の展示作品「ピアノ・コンサート」
ピアノ・コンサート
<展示構成 (予定)>

■第1章 ハンナとバーべラ 史上最強コンビ誕生
「トムとジェリー」誕生からシリーズ制作の秘話まで

■第2章 人気スターの地位を獲得
脇役キャラクターの魅力、アカデミー受賞作品の紹介

■第3章 シリーズの魅力 そして、次世代へ…。
シリーズや長編作品、初期のセル画やグッズの展示

■第4章 テレビ界を席巻した「ハンナ=バーベラ」
日本アニメ文化に繋がる人気テレビシリーズの紹介

■第5章 追いかけっこは永遠に
「トムとジェリー」で育ったクリエーターによる最新版やコラボ作品の展示

また、会場内のグッズ販売コーナーでは、本展限定のTシャツやトートバック、ぬいぐるみ、ハンドタオル、タンブラーなどのオリジナルグッズや、コレクター注目の「BE@RBRICK TOM & JERRY」の先行販売など約900種類のアイテムを展開。

本展会場でしか手に入らない貴重なオリジナルグッズも多数販売される予定となっています。

 

イベント概要

名称:誕生80周年 トムとジェリー展 カートゥーンの天才コンビ ハンナ=バーベラ
会期:2019年4月17日(水)~5月6日(祝・月)
時間:10:00〜20:00
  :10:00〜19:30(4/21)
  :10:00〜17:00(最終日)
   ※入場は閉場の30分前まで
休み:会期中無休
入場:一般1,300円(前売1,000円)

会場:松屋銀座8階イベントスクエア

東京都中央区銀座3-6-1

TOM AND JERRY and all related characters and elements © & ™ Turner Entertainment Co. (s19)