岩合さんの初監督映画「ねことじいちゃん」新たに予告編映像が公開されたニャ

来年の猫の日(2/22)に公開が予定されている動物写真家・岩合光昭さんによる初映画監督作品「ねことじいちゃん」の新しいビジュアルと予告編映像が公開されました。

映画「ねことじいちゃん」のワンシーン(猫と立川志の輔)

ねことじいちゃん」は、WEBコミックサイト・コミックエッセイ猫劇場で連載している人気の猫マンガで、爺ちゃんと婆ちゃんと猫ばかりが住む小さな島に、猫のタマと2人暮らしをしている大吉じいちゃんの日常を描いた物語。

同コミックを原作とした映画が2019年に公開される予定で、監督を務めるのはNHK BSプレミアムで放送中の人気テレビ番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」でお馴染み、岩合光昭さん。

主演の爺ちゃん役には落語家の立川志の輔さん、ヒロイン役には3年ぶりに映画出演する女優の柴咲コウさん、その他にも小林薫さんや田中裕子さんら豪華俳優陣の出演が決定するなど、ネコ好きな人のみならず大きな注目を集めています。

このたび公開されたビジュアルには、満開の桜の中でタマを大切そうに抱える大吉じいちゃんの姿が。

満開の桜の中でタマを大切そうに抱える大吉じいちゃん(立川志の輔) by 映画「ねことじいちゃん」の新ビジュアル

笑みを浮かべながらもどこか寂しそうなじいちゃんの表情には、なにか決意めいたものが潜んでいるようにも見えます。

そして気になる予告編映像も公開。

ストーリーの主役は、2年前に妻に先立たれ、今は飼い猫のタマと暮らしている70歳の大吉じいちゃん。毎朝の日課は愛猫・タマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。最近は島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちと、のんびり平穏な日々を過ごしていました。


しかし、寒さが厳しくなったある日、大吉じいちゃんは突然倒れてしまいます。その後、心配する息子から「東京で一緒に暮らそう。タマも。」と同居を提案され、島を離れるのか残るのかを悩み始めますが、その矢先にタマが姿を消してしまう事態が発生・・。

一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生&猫生(にゃんせい)の決断とは…?

監督の岩合光昭さんが撮影した映像には、近所の三毛猫に恋をし、雨の中これからの生活に思い悩み、決意の表情で島の中を歩く姿など、揺れ動くタマの心情や繊細な動きが表情豊かに描きだされています。

また、フードコーディネーターとして数々の作品を担当してきた飯島奈美さんによる、豆ごはんやカルパッチョ、卵焼きなど「とにかく美味しそうに」見えることにこだわったご飯たちが、ゆったりとした島の四季をさらに鮮やかに彩っています。

本作の公開は2019年の2月22日ですが、来月12月上旬にはタマの可愛い姿を手軽に楽しめるLINEスタンプがリリースされるほか、岩合さんが撮影した「ねことじいちゃん」の写真集も12月中に刊行。

さらに2019年1月からは写真展も巡回して開催されるなど、映画作品とコラボした企画が目白押しの予定となっています。

出演:立川志の輔、柴咲コウ、小林薫、田中裕子、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之 ほか
監督:岩合光昭
原作:ねこまき(ミューズワーク)「ねことじいちゃん」
脚本:坪田文
製作:「ねことじいちゃん」製作委員会
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
配給:クロックワークス
2018/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/103分
公開:2019年2月22日(金) 猫の日ROADSHOW

参考:岩合さんの監督映画「ねことじいちゃん」の写真展が開催!写真集もでるニャ

(C)2018「ねことじいちゃん」製作委員会