猫の失踪を機に物語が動き出す、映画「初恋〜お父さんチビがいなくなりました」の予告編映像が公開

老夫婦のすれ違いと絆を描いた感動ホームドラマを映画化した作品「初恋〜お父さんチビがいなくなりました」が2019年5月10日に公開されることが本日発表され、メインビジュアルと予告編映像が解禁されました。

ネコ映画「初恋〜お父さんチビがいなくなりました」のメインポスター

本映画は「娚の一生」をはじめ、「姉の結婚」「初恋の世界」など、30 代の女性を中心に幅広い層に高い人気を誇る漫画家・西炯子(にしけいこ)さんが、老夫婦の秘めた想いと愛を描いたマンガ作品「お父さん、チビがいなくなりました」を映画化した作品。

亭主関白な夫に心から尽くしながら「自分は本当に夫から愛されているのだろうか?」という寂しさを長年抱えてきた妻・有喜子を演じるのは倍賞千恵子さん。そんな妻に対して無口でぶっきらぼうな態度を取りながら、離婚を突き付けられてずっと心に秘めていたある想いを告白する夫・勝を藤竜也さんが演じており、長年連れ添いあった夫婦の心がすれ違っていく様は、観る者の心に深い感動を与えるストーリーとなっています。

【STORY】
結婚して50年。これからも一緒にいるために。今始まる夫婦の感動ラブストーリー
3人の子供が巣立ち、人生の晩年を夫婦ふたりと猫一匹で暮らしている勝と有喜子。勝は無口で頑固、家では何もしないという絵にかいたような昭和の男。そんな勝の世話を焼く有喜子の話し相手は猫のチビだ。ある日有喜子は娘に「お父さんと別れようと思っている」と告げる。驚き、その真意を探ろうと大騒ぎする子供たち。そんな時、有喜子の心の拠り所だった猫のチビが姿を消してしまう。妻はなぜ、離婚を言い出したのか。そして、妻の本当の気持ちを知った夫が伝える言葉とはー

母から離婚話を聞いて動揺する娘・菜穂子には映画「シン・ゴジラ」で尾頭ヒロミ役を演じた市川実日子さんが、夫婦の関係に波風を起こす女性・志津子を映画「若大将」シリーズのヒロイン役で人気を博した故・星由里子さんが演じているほか、佐藤流司、小林且弥、小市慢太郎、西田尚美、優希美青、濱田和馬、吉川友ら注目の俳優陣も集結。

監督を務めるのは「毎日かあさん」「マエストロ!」などの映画でメガホンをとった小林聖太郎さん。


 

この度解禁された予告編映像では「運命の恋」だと直感した50年前の出会いのシーンがモノクロで映し出された直後、長年、勝に尽くしてきた有喜子が何をやっても無関心な反応しか示さない夫に疲れ、思わず娘に「別れようと思っている」と胸の内を吐露。それを驚いた子供たちはてんやわんやの大騒ぎする展開に。

そんな中、唯一の話し相手だった猫のチビが姿を消してしまい必死に探しまわる有喜子。そんな妻に向かって勝が放った言葉は「死に場所を探していなくなったんだ、放っておいてやれ」という決定的な一言。心が通じていない夫と一緒にいる方が、一人でいるよりも寂しいと感じた有喜子はついに「離婚してください」と切り出します。

しかし勝には、本当は妻に伝えたいことがあったーー。

50年という長い間をともに過ごしてきて、初めてお互いの気持ちに向き合った2人に起こる猫がくれた優しい奇跡。その一端が垣間見える映像となっています。

映画:初恋~お父さん、チビがいなくなりました
公開:2019年5月10日(金) 新宿ピカデリーほか全国ロードショー
配給:クロックワークス
出演:倍賞千恵子 藤 竜也
監督:小林聖太郎
脚本:本調有香
原作:西炯子「お父さん、チビがいなくなりました」(小学館フラワーコミックスα刊)

(C) 2019 西炯子・小学館/「お父さん、チビがいなくなりました」製作委員会