開発中のスマート猫トイレ・TOLETTA(トレッタ)がモニターの募集を開始

泌尿器系の初期症状を自宅でチェックできる猫トイレ「TOLETTA(トレッタ)」が、同製品を広める「ニャンバサダー」の募集を開始。トイレ本体やキャッシュバックチケットをプレゼントしてもらえるキャンペーンを開催しています。

世界初のねこIoTトイレ「TOLETTA(トレッタ)

今年の8月に発売を予定されている猫トイレ「TOLETTA(トレッタ)」は、ねこの死因トップである慢性腎疾患・慢性腎不全の初期症状「多尿と体重減少」をモニタリングし、猫の健康情報をオンライン上で管理することができる世界初のスマート猫トイレです。

腎不全の初期症状を発見する猫トイレ「TOLETTA(トレッタ)」の製品イメージ

猫がトイレに入ると自動的に体重を計測し、猫のオシッコやウンチの回数&量を毎日測定。そのデータは専用のアプリを通じてオンラインで瞬時に把握することができ、急な体重の増減や尿量の変化を把握して病気予防に役立てることができます。

スマート猫トイレ「TOLETTA(トレッタ)」のアプリイメージ

トイレにはカメラが付属しており、猫の顔を撮影して個体を識別できる仕組みになっているため、猫を多頭飼いしているお家でも、いつ、どの子が何回トイレに入ったのかを自動的に記録できるようになっています。

そのTOLETTA(トレッタ)の開発企業が先月から、猫と飼い主さんの幸せなヘルシーライフを世の中に広める、ねこの健康大使「ニャンバサダー」の募集を開始。

スマート猫トイレ「TOLETTA(トレッタ)がニャンバサダーを募集

見事「ニャンバサダー」に選ばれた人には、開発中の猫トイレ「TOLETTA」を一緒に暮らしている猫の頭数分プレゼントしてもらえるほか、製品のお試し・意見交換会への招待、猫のためのグッズプレゼントなどの特典が用意されています。

応募の前提条件は以下の2点。
・猫の健康と幸せを願い、そのために行動すること
・猫と暮らしていること

その他にも、家庭内のすべての猫トイレをTOLETTAに変更する、自宅での撮影やインタビューへの協力するなどの条件が設けられており、実際に「ニャンバサダー」として選ばれた人には、TOLETTAを使って猫の健康を見守っている様子や、猫に対する愛をSNSなどで発信し、ねこヘルスケアの価値を世の中に広める活動を行うことになります。


ニャンバサダーの採用者数枠は「5名」となっていますが、副賞として応募者の中から抽選で222名の人に、TOLETTAの50%キャッシュバックチケット(1人1台分限定)がプレゼントしてもらえる特典が用意されています。

TOLETTAを実質半額で購入できるチャンスでもありますので、興味のある猫の飼い主さんは応募してみてはいかがでしょうか。

<募集期間>
2018年3月23日(金)〜2018年5月30日(水)

<結果発表>
2018年6月末に当選者へメールで通知

<応募条件>
・今現在、猫と一緒に暮らしている人
・twitter/Facebook/Instagramいずれかのアカウントを持っている人
・上記SNSでTOLETTAの使用状況をレポートできる人
・自宅での撮影やインタビューに協力できる人
・自宅にWi-Fi環境がある人
・家庭内のすべての猫トイレをTOLETTAに変えられる人

参考:泌尿器系の病気を早期発見する猫トイレ「TOLETTA(トレッタ)」

(C) Hachi Tama INC./prtimes.jp