歌舞伎の猫キャラ「かぶきにゃんたろう」の甘酒カップが大関から発売!試飲イベントもあるニャ

ワンカップ大関などの商品で知られる酒造メーカーの大関から、歌舞伎をイメージした猫のキャラクター「かぶきにゃんたろう」がラベルにデザインされた甘酒が7月12日に発売されます。

ワンカップ大関などの商品で知られる酒造メーカーの大関のロゴ

大関は1711年(正徳元年)の創業以来、300年にわたって日本酒を作り続けている兵庫県西宮市の酒造メーカーで、1964年には1合瓶(180ml)入りの日本酒「ワンカップ大関」を国内で初めて発売しその後に大ヒットを記録するなど、グラス要らずでお酒を手軽に飲める「カップ酒」の文化を根付かせたパイオニアとして知られています。

そんな同社が掲げるスローガンは「楽しい暮らしの大関」。

過去にはハロウィンの時期にジャック・オー・ランタンをモチーフにしたデザインのお酒を発売したり、年末に翌年の干支をモチーフにしたデザインのお酒を発売するなど、見た目にも楽しい多彩なラベルの商品を開発。

ワンカップミニ ハロウィンラベル
ワンカップミニ ハロウィンラベル
ワンカップミニ大吟醸100ml瓶詰 干支ラベル
ワンカップミニ大吟醸 干支ラベル

最近では5月に上映が始まった映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」とコラボした、ゴジララベルのワンカップ大吟醸なども発売しています。


 

今回の新商品のラベルにデザインされている「かぶきにゃんたろう」は歌舞伎の興行をほぼ独占的に行っている松竹と、キャラクタービジネスを手がけるサンリオの共同開発により2017年4月に誕生したキャラクターで、「シナモロール」や「ウィッシュミーメル」など、サンリオの人気キャラクターを手がけたデザイナーさんがデザインを担当。

歌舞伎の猫キャラクター「かぶきにゃんたろう」

公式プロフィールによると、東京・銀座にある歌舞伎専用の劇場「歌舞伎座」に住んでいて、背中にあるハートマーク型の模様と歌舞伎衣裳のタスキを彷彿させる首輪がチャームポイント。生まれる確率が3万分の1とも言われるほど希少な「三毛猫の男の子」というキャラ設定もあり、幸運を呼びそうな!?猫キャラクターとして歌舞伎のPRに勤しんでいます。

そんな「かぶきにゃんたろう」が描かれたカップの中に入っている甘酒は、蔵元ならではのしぼりたての新鮮な酒粕に蜂蜜と生姜を加え、甘くまろやかな飲み口にピリッとした辛みを効かせた味わいが特徴。

「かぶきにゃんたろう」の甘酒190Gカップ詰 by 大関

ラベルの可愛らしさから、ネコ好きさんへのプレゼントにも喜ばれそうなこの「かぶきにゃんたろう」の甘酒は、歌舞伎グッズの専門店である松竹歌舞伎屋本舗をはじめ、歌舞伎座場内の売店、サンリオピューロランドなどで発売されるほか、大関のオンラインショップやアンテナショップでも販売される予定となっています。

品名:かぶきにゃんたろう甘酒
容量:190g
価格:318円(税別)
発売:2019年7月12日(金)
材料:砂糖(国内製造)、酒粕、澱粉、生姜、蜂蜜、食塩/酸味料

また、発売日の7月12日は「かぶきにゃんたろう」の誕生日で、7月15日までの4日間は歌舞伎座地下2Fにある木挽町広場にて記念イベントを実施。

初日となる7月12日(金)の10時~16時には松竹歌舞伎屋本舗の木挽町広場店で「かぶきにゃんたろう 甘酒」の試飲イベントが行われるほか、期間中はコラボもなかアイスや新作グッズの販売、ノベルティグッズのプレゼント企画が、さらに最終日の7月15日(月・祝)には「かぶきにゃんたろう」と写真撮影ができるグリーティングイベントも予定されています。

参考:サンリオと松竹が歌舞伎の猫キャラ「かぶきにゃんたろう」を発表
(C) Ozeki CO., LTD.