こんな縁起物なら飾ってみたいかも!?真空パックで自宅に届く「招き猫」型の盛り塩が登場

ネコ好きさんへの縁起物や贈答用に喜ばれそうな「招き猫」型の盛り塩がWEBストアの「社盛の森(もりもりのもり)」から発売されました。

オーブンで塩を焼き固めた「招き猫型盛り塩」製品イメージ
招き猫型盛り塩

盛り塩は一説によると奈良・平安時代から行われていたとされる日本に古くから伝わる風習で、「人寄せのための縁起担ぎ」と「厄除け・魔除け」を目的としているのが一般的。飲食店などのお店では商売繁盛と厄除けの意味を込めて入口に置かれることが多いほか、個人宅でも引っ越し後の邪気払いや運気アップなどの目的で玄関や部屋の片隅に盛り塩をする場合があります。

形状は塩を山型にして盛るのが主流ですが、それを「招き猫」の形まま配送してくれるのが新たに発売された「招き猫型盛り塩」。包装から取り出してそのまま飾れるのが特徴で、従来の「盛る」という作業が不要なため、常に盛り塩を置いて定期的に交換している人やお店にとっては便利なアイテムです。

招き猫型の盛り塩
縁起が良さそうニャ〜♪

人の家やお店に山型の盛り塩が置いてあると、ちょっぴり堅苦しい雰囲気がするけれど、招き猫型なら可愛らしい感じがしますよね。とは言え、盛り塩をキレイな招き猫の形にしてキープするのは至難の業。



一般的には塩を「型」に詰めて作るのが主流ですが、本製品は厳選した銘柄の岩塩と卵白を混ぜ合わせてシリコンの型に流し込んでからオーブンで一定時間焼き固めて作られており、販売元の企業によると、塩に焼き目がつかず白さを保ったまま固めるには材料の選定や配合、さらに焼く温度と時間がとても重要で、最適な製法にたどり着くまでには幾多の試行錯誤が繰り返されたのだとか。

招き猫型盛り塩の製造工程シーン
製法は企業秘密で特許も申請中

また、焼き固めて出来上がった盛り塩は職人の手によってひとつひとつ丹念に仕上げられ、1個ずつ真空パックで崩れないように梱包。実物を手に取ってみると、招き猫の丸みを帯びたフォルムが細かく表現されているのが分かります。

最後は職人の手で仕上げる「招き猫型盛り塩」
職人の手作業が光るのニャ

価格は招き猫2体1セットで1,380円。盛り塩の交換を神事に倣って毎月1日と15日の2回行っているという場合は、定期購入プランが便利でお得(1セット1,280円)。毎月1回自動的に配送してもらうことができるので、交換作業を行なうだけで常に新鮮な招き猫の盛り塩を飾ることができます。

招き猫型の盛り塩ならかわいくて飾ってみたいけれど、自分で盛り塩を作るのは面倒くさい…という人にもピッタリなほか、贈答用に化粧箱と盛り塩を乗せる皿がセットになった商品も用意されているので、ネコ好きな人へのちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうです。

化粧箱と盛り塩を乗せる皿がセットになった贈答用の「招き猫型盛り塩」
箱入り&皿付きの価格は2,000円

Cat Pressではつい先月も、誰でも簡単に招き猫の盛り塩を作れる「にゃんでも招き猫メーカー」というアイテムを紹介したばかり。1年365日ネコのニュースを配信し続けている当サイトでも、こんな短期間に「招き猫×盛り塩」の話題を紹介するのは異例のことで、もしかすると密かなブームがきているのかも!?知れませんニャ。

参考:これは縁起が良さそうニャ!?招き猫の形をした盛り塩を作れる「にゃんでも招き猫メーカー」
(C) MIGNON

最近の投稿