ジャカード織りで愛猫の毛並みまでリアルに再現!ハグペットがオリジナルバッグの製作を開始

愛猫や愛犬の写真から実物をリアルに再現したオリジナルバッグを作成できるサービスがクラウドファンディングサイトのMakuakeで支援者を募集しています。

ハグペットの猫の写真を元に製作したオーダーメイドバッグ

毛並みの1本1本までリアルに再現されたこのバッグは、絵が浮き上がって立体的に見えるようなジャカード織りの生地を用いて製作。

色糸を一本一本織り上げて布生地から制作するため、写真をプリントした生地のようにゴワゴワ感やひび割れが起こらず耐久性に優れており、織物ならではの心地よい肌触りを感じられるほか、刺繍で縫い上げたような精緻な美しさがペットの可愛らしを引き立ててくれます。

猫の写真からジャカード織りで仕上げた布生地
生地を織ってペットをリアルに再現

このバッグを開発したのは、ペットの写真からジャカード織りを制作する特許技術を持つ、愛知県一宮市にある繊維デザイン会社「サン・オリオン」。

ペットの写真から等身大のオリジナルクッション製作できる「HUG PET(ハグペット)」は、日本国内の百貨店で販売されるなどペット好きの間で人気を集めています。


 

今回支援者を募集しているバッグは、特許技術を活かしたバッグを作りたいとの思いから同社の女性スタッフがアイデアを出し合い試行錯誤を繰り返して開発したフルオーダーのバッグで、注文者がペットの写真を送付すると、デジタル処理を行った後に特許技術で織りデータへと変換。

猫の写真からデジタル処理をして織りデータに変換している様子

その後はカーテンや壁紙、衣料などを生産する本格的なジャカード織りの工場で一点一点織り上げられ、国内の老舗バッグ工房で製品として加工されます。

ペットの写真から作るハグペットのバッグ加工風景

ペットの写真を元にオリジナルバッグを作れるサービスには「可愛らしさ」にフォーカスしたものが多い中、このバッグは女性目線での使い勝手の良さも重視。

柔らかく軽いジャカードと本革による取手、コナーの仕上げ、縁取りでファッション性を追求しているほか、重量は700gを切る軽さながらマチ(底の厚み)が13cm〜15cmと広くなっているため、書類やパソコンなどを入れて仕事用のバッグとして使用したり一泊旅行のバッグとしても活躍。

機能性にもこだわった設計となっています。

犬の写真から製作したジャカードのバッグ by ハグペット

ハグペットのバッグの中身イメージ

種類はAタイプとBタイプの2つあり、Aタイプは横長、Bタイプは縦長デザインで、持ち手の革素材や開口部(ボタン式/チャック式)など一部異なる仕様を採用。

ペットの背景色はアイボリー、グレー、ネイビーの3種類から選べるようになっています。

ペットの写真からフルオーダーメイドで作るハグペットのバッグ2種類
左:Aタイプ / 右:Bタイプ

商品は写真の到着から3ヶ月ほどかかる見込みで、支援者は一般販売予定価格の20%オフでバッグを購入することができます。

名称:フルオーダーバッグ(ハグペット)
発売:2019年4月4日(木)
料金:Aタイプ 43,200円(税込)
   Bタイプ 48,600円(税込)

<Aタイプ>
全長:全長 縦47cm×横42cm(持ち手含む)
   本体 28cm×42cm×13cm
素材:ジャカード/本牛皮(ヌメ皮)使用

<Bタイプ>
全長:全長縦 縦50cm×横30cm(持ち手含む)
   本体  32cm×30cm×15cm(スイング部分含まず)
素材:ジャカード/本牛皮(型押し)使用

(C) HUGPET