浮世絵師たちが描いたネコの魅力が満載「浮世絵ねこの世界展」八王子で開催

東京都八王子市にある八王子市夢美術館で2018年4月6日から、江戸から明治にかけて人気の浮世絵師たちが描いたネコの作品展「浮世絵ねこの世界」が開催されます。

八王子市夢美術館(ビュータワー八王子2F)八王子市夢美術館(ビュータワー八王子2F)

浮世絵ファンはもちろん、猫好きの人も楽しめる展示内容となっており、本記事では見どころや展示作品の一部をご紹介します。

 


ねこと浮世絵

近年、日本では猫ブームと言われて久しいですが、猫は古くから私たちにとって身近な存在で、豊かな表情や自由気ままな振る舞いは昔も今も多くの人々を魅了しています。

人間を魅了する猫のイメージ写真

甘えてくるかと思えば、いたずらをしたり、時には窓の外をじっと眺めて、何か人には思いもかけないような考え事をしているようにみえたり。多彩な表情を見せてくれる猫は、私たち人間にとってもはやペットという領域を超え、友人ともいえる存在です。

江戸や明治の浮世絵師たちは、そんな愛すべき猫たちの姿を様々な形で表現。ありのままの姿を写実的に描いた猫、美人や子供たちの傍で幸せそうな様子の猫、擬人化され、人間のように振る舞う猫、そして妖怪「化け猫」など、猫の魅力を個々の作品に描き出してきました。

 

見どころ

本展覧会では、猫を抱えながら作品を制作していたと言われるほど猫好きな浮世絵師・歌川国芳をはじめ、「名所江戸百景」の中に猫を描いた歌川広重、美人と共に猫を描いた歌川国貞、歌川豊国、渓斎英泉など、江戸から明治にかけて活躍した浮世絵師たちの個性豊かなネコ作品を展示。

浮世絵の中で自由自在に動き回る猫たちが織りなす「浮世絵ねこの世界」を楽しむことができます。

 

展示作品(例)

歌川国芳「鏡面シリーズ 猫と遊ぶ娘」歌川国芳「鏡面シリーズ 猫と遊ぶ娘」弘化元~二年(1844~45)頃 団扇絵判錦絵 伊場屋仙三郎版

歌川国芳「五十三駅 岡崎」歌川国芳「五十三駅 岡崎」弘化四~嘉永元年(1847~48)頃 大判錦絵 江崎屋吉兵衛版

歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉の町詣」歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉の町詣」安政四年(1857) 大判錦絵 魚屋栄吉版

<その他の展示作品(予定)>
歌川広重「名所江戸百景 浅草田圃酉の町詣」
歌川国芳「猫の当字 なまづ」
歌川国芳「鏡面シリーズ 猫と遊ぶ娘」
豊原国周「見立昼夜廿四時之内 午后八時」
楊洲周延「幼稚苑猫ぢゃらし」
歌川芳藤「新板猫のあそび 花見」
歌川国芳「五十三駅 岡崎」
など

 

ギャラリートーク

展示会の会期中には、猫が描かれた浮世絵の魅力についてのお話しが聞けるギャラリートークが2回開催されます。

日程:2018年4月21日(土)
時間:11:00~/15:00~ ※各回40分程度
会場:八王子市夢美術館展示室
申込:不要
料金:無料(入館料は必要)

講師は、国際浮世絵学会常任理事で本展の監修者、「江戸猫 浮世絵猫づくし(悳 俊彦 氏と共著)」などの著作もある稲垣進一氏。

 

展示会概要

名称:―国芳、広重、豊国、英泉らが描く―浮世絵ねこの世界展
期間:2018年4月6日(金)~5月13日(日)
時間:10:00~19:00(入館は閉館の30分前まで)
休館:月曜日(祝日は開館・翌日休館)
料金:一般600円、学生&65歳以上300円
  :未就学児および土曜は小中学生無料

会場:八王子市夢美術館

東京都八王子市八日町8-1
ビュータワー八王子2F

画像提供:Hachioji Yume Art Museum