猫を熟知したいなら行くしかニャい…ねこの万博「にゃんぱく」が12月に開催!展示作品や出展者も募集中

猫好きな人や猫を飼っている人が、楽しみながらもっと猫に詳しくなれるイベント「にゃんぱく(~ねこの万博~)」が2019年12月21(土)~22日(日)にかけて東京・御茶ノ水で開催されます。

イベント「にゃんぱく(~ねこの万博~)」のロゴ

このイベントは「ねこに詳しくなると、 ねこをもっと好きになる」をテーマに、写真や動画の展示をはじめ、グッズマーケット、パネル展示、模擬試験など、ねこについて詳しくなれるさまざまなコンテンツが大集結。

会場には一般公募を中心とした猫の写真展示や動画放映を行う「にゃんぱく写真館・動画館」が登場するほか、全国から集まった猫グッズクリエイターによる即売会「にゃんぱくマーケット」が催され、来場者はかわいい猫の写真や動画を見て癒やされたり、会場に並ぶユニークな猫グッズの数々を眺めながらショッピングを楽しむことができます。

オッドアイの白猫 by にゃんぱく(~ねこの万博~)

首をかしげるようなポーズの猫 by にゃんぱく(~ねこの万博~)

また、「ねこといきる〜ねことヒトの共生を考える」と題した特別展示では、ねこの習性や生態、ねことヒトの共生の歴史、保護猫活動など、ねこへの理解を深める知識や情報がパネルになって展示されます。

さらに会場内では、猫に関する幅広い知識が問われる「ねこ検定」の模擬試験を受けることが可能。

「第4回ねこ検定」のメインビジュアル
(C) NIPPAN


「ねこ検定」は、猫のことを深く知ることで人と猫がもっと幸せになれるように…との思いから2017年にスタートした企画で、奥深い猫の歴史や文化をはじめ、生態、共生方法、猫の登場する文学や映画作品に至るまで、猫に関する幅広い知識が問われるユニークな検定。猫を飼っている人はもちろん、猫とは一緒に暮らしていないけれど猫のことが大好きな人、さらにはペットショップや猫カフェの店員、獣看護師といった猫に関わる仕事をしている人など、これまでにのべ1万人以上の人々が受験しており、2020年の3月には4回目の試験が予定されます。

「にゃんぱく」の会場では、その模擬試験を受けることができる貴重な機会。

イベント全体を通じて猫の新たな一面を知ることで、楽しみながら自然と猫について詳しくなり、猫のことがもっと好きになれる。そして、猫とより深い関係を築き、充実した猫ライフを送る契機になるイベント内容となっています。

毛づくろいする猫とされる猫 by にゃんぱく(~ねこの万博~)

イベント開催の発表に合わせて「にゃんぱく写真館・動画館」に展示する作品の一般公募を開始。

募集しているのは愛猫の可愛い仕草やとっておきの瞬間を捉えた作品で、思わず微笑んでしまう写真や、ついつい見とれてしまう動画などが対象。撮影が完了したら同展の公式HP(nyanpaku.com)にアクセスして「タイトル」「愛猫の名前」「写真/動画ファイル」などの情報を投稿するだけで応募することができます。

会場には応募作品の中から約300点の写真と約30点の動画が展示・放映されるほか、応募特典として10名に3,000円分のクオカードがプレゼント。

誰でも応募可能で、スマートフォンで撮影した作品でも応募できるので気軽に参加してみては。

大きなあくびをする猫 by にゃんぱく(~ねこの万博~)

また、「にゃんぱくマーケット」の出展者も同時に募集中。

出展対象は猫や動物に関するあらゆるジャンルの商品やサービスの展示、販売、サンプル配布、チラシ配布などで、プロ/アマ、個人/法人を問わず応募することができます。
※二次創作、違法コピー、アダルト商品、本物の猫の持ち込みは不可

8月30日(金)~9月9日(月)までは早期抽選の申込を受け付けており、抽選結果は9月13日(金)に発表。
当選者は10%の売上手数料が免除される仕組みとなっています。


イベント概要

名称:にゃんぱく~ねこの万博~
期間:2019年12月21日(土)、22日(日)

会場:新お茶の水ビルディング5F

東京都千代田区神田駿河台4-3

中央線 御茶ノ水駅 徒歩1分
千代田線 新御茶ノ水駅 徒歩1分

参考:猫の気持ちをもっと理解したいニャ…「第4回ねこ検定」2020年3月に全国6都市で開催決定
(C) Nyanpaku

最近の投稿