猫を通じて繋がる写真展「ホテルぬこ・ぬこでボーダレス展」大阪で開催中

ねこをテーマにしたグループ写真展「ホテルぬこ・ぬこでボーダレス」展が11月19日より大阪市淀川区で開催されています。

本展は介護士や主婦、絵描き、カレー屋店主、漫画家、予備校講師、バーテンダー、雑貨屋店主、視覚障害を持った写真家や精神疾患を抱えながらもデザイン業をしている作家など、多様な背景を持った人たちを日々癒し続けている自慢のねこたちを撮影した作品を展示する写真展で、会場となったレトロな喫茶店・喫茶文化茶屋の店内には、ところ狭しと猫の写真を展示。

壁に展示された猫の写真作品 by ホテルぬこ・ぬこでボーダレス展

ホテルぬこ・ぬこでボーダレス展の展示作品イメージ

その様子はまるで、ねこ達のホテルのようであることから「ホテルぬこ」との表現が展示会のタイトルに含まれています。

店内に展示された猫の写真 by ホテルぬこ・ぬこでボーダレス展

この写真展は徘徊写真家の市田響(いちだ ひびき)氏と、NPO法人多文化福祉センターCAMICAが共同で企画した写真展。

市田さんは福祉施設の職員を務める傍ら、不法投棄されたゴミや貼り紙など路上にあるあらゆるものの記録写真を撮り続け、全国各地で展覧会を行っている写真家で、CAMICAの河辺千佳氏が動物病院に愛猫を連れて行った際に猫を介して触れ合った体験がきっかけとなりこの写真展を計画。

ねこを介せば誰とでもコミュニケーションが生まれ、障害や人種も関係なく、ボーダレスに多様に繋がることができるのではないか、との思いをコンセプトに掲げて開催されている写真展です。


展示会のフライヤーは、神戸市内で芸術創作活動に取り組む障がい者の人から公募した作品を展示・顕彰するHUG⁺展2018(第2回こうべ障がい者芸術フェスタ)で最優秀賞を受賞したアーティスト・上野琢磨氏によるイラストを元に、デザイナーのマーク岡本氏がデザインを担当。

ホテルぬこ・ぬこでボーダレス展のフライヤー

一見、関係のないように見えるモノや人が順序が入れ替わり混ざり合う、<ね>こを超えた先<に>ある<ぬ>こで新しい世界観(ねこ観)を提示したい。

本展にはそんな思いが込められていて、店内にはTwitterやピクシブなどのケモノ同人の世界で活動を続けているイラストレーター、「ごまいぬ氏」が描き下ろした猫のイラストも1点展示されています。

イラストレーター「ごまいぬ氏」が描き下ろした猫のイラスト

また、期間中の12月2日には「ホテルぬこお茶会」も開催。

写真展に作品を出品している人たちが自宅の猫や思い出の猫について語るお茶会で、出展者以外の人もスマホに保存した写真でねこ自慢をして参加することができます。

<ホテルぬこお茶会>
日時:2018年12月2日(日)
時間:13:00~15:00
料金:1ドリンク以上の注文

 

イベント概要

名称:ホテルぬこ・ぬこでボーダレス展
期間:2018年11月19日(月)~12月3日(月)
時間:8:00~16:00
休み:11月25日
料金:1ドリンク以上の注文

会場:喫茶文化茶屋

大阪市淀川区宮原2-11-9

<出展者一覧>
千佳、市田響、植田早貴、竹下玲子、石川次郎、藤本彩、安田光子、Orion Satsuki Nakata、柴田哲、和田拓也、仲西由香子、仲西宏二、チャおかん、初@、水野藍美