神社には狛猫もいるニャ〜京都・丹後で街歩きを楽しむ「第4回こまねこまつり」9/8に開催

京都・丹後の人と猫のつながりに思いを馳せて街歩きを楽しむイベント「第4回こまねこまつり」が9月8日(日) に京都府京丹後市の峰山町(みねやまちょう)で開催されます。

「第4回こまねこまつり」のメインビジュアル

高級絹織物として知られる「丹後ちりめん」発祥の碑が建てられている峰山町は、江戸時代より機織りが盛んで、織物に必要な絹糸を生み出す蚕(かいこ)をネズミから守ってくれることから猫を大切にしていたと言われています。

そのため町内の金刀比羅神社内にある木島(このしま)神社には、多くの神社で見られる「狛犬」の代わりに「狛猫(こまねこ)」が鎮座していて、地域の守り神として人々に親しまれてきました。

金刀比羅神社・木島神社の境内に鎮座している「狛猫」
(C) KOTOHIRA-JINJA

そんな「丹後ちりめん」と「ねこ」をキーワードに、丹後の人と猫とのつながりに思いを馳せて街歩きを楽しむイベントが「こまねこまつり」で、2016年の9月に記念すべき第1回を開催。翌年の第2回は台風の影響により中止で、昨年も大雨警報が発令されたため屋内イベントのみの開催となるなど、天候に恵まれない状況が続いていますが、4回目の開催となる今回は晴れの予報で通常開催が見込まれています。

イベントの開催場所は「金刀比羅神社エリア」と「まちなかエリア」に大別。


「金刀比羅神社エリア」では、全国から集まったプロアマ作家による手作り雑貨・アクセサリー・バッグ・洋服などのショッピングや、美味しいフード&ドリンクが楽しめる「こんぴら手づくり市」をはじめ、陶器でできた白いこまねこ像やネコ型のお面を好みの色や柄でペイントする「陶器ねこ・ねこ面ペイントワークショップ」、峰山高校茶道部の生徒たちがお抹茶を振る舞ってくれる「ねこスイーツ付きお茶席」、記念撮影ができる「こまねこまつりオリジナル顔出しパネル」など神社の境内がねこまみれになります。

この投稿をInstagramで見る

あかめさん(@kyo_akame)がシェアした投稿

一方の「まちなかエリア」では、町内の参加店舗で500円以上の会計をすると1スタンプがもらえるスタンプラリーをはじめ、ちりめんふろしきワークショップや手機(てばた)体験、ダンボールアートの展示、ねこまんまランチ&ねこスイーツの販売、射的・無料遊具、ギターライブなど、町中で楽しめるイベントやサービスが目白押し。

その他にも、日本一短いアーケードと言われる御旅市場アーケード内では「京丹後54マルシェ」や「かわいいねこ写真展」が行われるほか、同町杉谷にある遊歩道全長約800mの小西川ゆめサンサンロードでは子供も大人も乗れる「ミニSLトーマス号」が運行されるなど、峰山の町中を巡り歩いてさまざまなイベントを同時に楽しめる一日となっています。


イベント概要

名称:第4回 こまねこまつり
日程:2019年9月8日(日)
時間:10:00〜16:00
場所:京都府 峰山まちなか・金刀比羅神社
  (京都府京丹後市峰山町)
最寄駅:京都丹後鉄道 峰山駅

参考:第4回こまねこまつり まちあるきまっぷ

(C) 第4回 こまねこまつり

最近の投稿