入場料はニャンと無料!岩合光昭写真展「ねこの京都、秋」11月1日まで東京・銀座で開催

動物写真家・岩合光昭さんの写真展「ねこの京都、秋」が2019年8月26日から、東京都中央区の銀座並木通りにあるノエビア銀座ギャラリーで開催されます。

岩合光昭写真展 「ねこの京都、秋」メインビジュアル

「ねこの京都」はこれまで世界中の国々を飛び回って猫の写真を撮り続けてきた岩合さんが、1年以上もかけて京都で撮影した猫たちの写真展。

猫を通して見た京都を「春」「夏」「秋」「冬」の4章構成で展開し、移りゆく季節の中で出会ったさまざまな猫たちの表情を、大判の写真作品で楽しめる企画展として全国各地で開催され人気を博しています。

その中でも「秋」は真っ赤なもみじの木を背景にした猫の写真をはじめ、京都の美しい紅葉と猫のコントラストが美しい作品の数々で構成されており、過去のインタビューでは岩合さん自身も「秋が最も気に入っている」と発言しているほど。

岩合光昭さん「ねこの京都」、秋の紅葉を背景にした猫
写真展「ねこの京都」より

 

本展ではそんな「ねこの京都」で撮りためた作品の中から、紅葉に包まれた秋の京都や、ネコが教えてくれた秋の京都を楽しめる作品をピックアップ。

「京都の風土に生きるネコを撮影していたら、いつの間にか、敷居が高いと思っていたはずのこの都が、心地よくなっていた」と語るなど、岩合さんが魅せられた古都の秋を堪能できる写真展となっています。

岩合さんの写真展としては開催期間が約2ヶ月と長く、しかも入場無料で鑑賞することができますので、興味のある方は足を運んでみては。

岩合光昭(いわごう みつあき)プロフィール
1950年、東京生まれ。
19歳のとき訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、動物写真家としての道を歩み始める。以来、地球上のあらゆる地域をフィールドに大自然と野生動物を撮り続けている。一方で身近な犬や猫の撮影も継続し、多くの人々を魅了している。主な著書に『ニッポンの犬』『ねこ』『いぬ』『ねこ歩き』『ネコライオン』などがある。

 

イベント概要

名称:岩合光昭写真展「ねこの京都、秋」
期間:2019年8月26日(月)~11月1日(金)
時間:10:00〜18:00
  ;10:00〜17:00(土日祝)
料金:入場無料

会場:ノエビア銀座ギャラリー

東京都中央区銀座7-6-15 ノエビア銀座ビル1F

¥1,760 (2019/11/17 11:21:25時点 Amazon調べ-詳細)

(C) Noevir Co.,Ltd./ Mitsuaki Iwago

最近の投稿