2名の作家による絵と刺繍のネコ作品展「animato(アニマート)展vol.1」

2名の作家による猫をモチーフにした絵と刺繍(ししゅう)の作品展「animato展vol.1」が2018年5月29日(火)から、東京都中央区のギャラリーで開催されます。

画家の「さとうまいこ」と刺繍作家の「とりのこいろ」、2名の作家によるネコ作品展「animato(アニマート)展vol.1」animato展 vol.1

本展は画家の「さとうまいこ」さんと、刺繍作家の「とりのこいろ」さんの2人が結成したユニット「animato(アニマート)」による初の展覧会です。

ユニット名の「animato」とは、音楽用語で生き生きと、元気よく呼吸すること、生命などを意味するイタリア語。

もともと同じグループ展に参加していた2人が、お互いの作品と人物像に魅力を感じたことからアートユニットを結成。ユニット名にちなんで、「生き生きと元気よく、2人が刺激しあって、そこから生まれる楽しいもの!」をコンセプトに活動を展開しています。


今回行われる「animato展」はユニット単独では初となる展示会で、さとうまいこさんの描くファンタスティックな絵の世界と、とりのこいろさんが作るキュートでユニークな刺繍作品を展示するほか、2人のコラボによって生まれた作品なども展示されます。

画家・さとうまいこが描いた猫モチーフの絵「Spark」さとうまいこ 作「Spark」
少女の着ている赤いTシャツには、とりのこいろさんの猫が描かれています。

画家・さとうまいこが描いた猫モチーフの絵「Under the moon」さとうまいこ 作「Under the moon」
一番上で手を広げるているのは小さな龍。この他にも様々なアイテムとして展示予定。

一方の猫ドールは、猫の表情を手刺繍して立体に仕立てた作品で大きさは約20cm弱。一体づつモデルとなる人物や猫、コンセプトを元にイメージを膨らませて作られているほか、後頭部には番号と名前が、手足には肉球が付けられているこの世に一つだけの作品となっています。

刺繍作家の「とりのこいろ」さんによる猫ドール作品1とりのこいろさん作の猫ドール

刺繍作家の「とりのこいろ」さんによる猫ドール作品2背後には番号、名前、肉球入り

刺繍作家の「とりのこいろ」さんによる猫ドール作品3小さな龍とのコラボもあるニャ

この個性的な刺繍の猫ドールは現在、30体を目標に製作に励んでいる最中なのだとか。展示会は5日間のみの開催となっていますので、お近くの猫好きな人は足を運んでみては。

 

さとうまいこ×とりのこいろ 作品展「animato展vol.1」

期間:2018年5月29日(火)~6月2日(土)
時間:12:00~19:00(火)〜(金)
  :12:00~17:00(土)

会場:コミュニケーションギャラリーふげん社

〒104-0045
東京都中央区築地1-8-4 築地ガーデンビル 2F

日比谷線「築地駅」3・4番出口 徒歩約5分
日比谷線「東銀座」5番出口 徒歩約5分
有楽町線「新富町駅」1番出口 徒歩約5分

画像提供:(C) animato