猫と鳥がテーマの作品展、作家たちの手仕事展「谷中 鳥ねこ博」

東京都台東区の下町・谷中にあるギャラリーで4月22日から、作家たちの手仕事展「谷中 鳥ねこ博」が開催されています。

さまざまなクリエイターが猫をテーマに制作した作品を持ち寄って展示・販売するこの企画展は、これまでにもギャラリー「谷中画廊」でたびたび催されており、昨年末から今年の年始にかけても開催。

クリスマスプレゼントやお正月の縁起物、谷中七福神巡り記念など、猫をモチーフにしたおめでたい作品が展示・販売されていました。

2017年は酉年ということもあり、今回は猫の作品に加えて鳥の作品も登場。通常は「谷中ねこ博」となっている展示会の名称も、今回は「谷中鳥ねこ博」となっていますよ。

作家陣には新たに5名のクリエイターが加わり、陶芸や陶器、ガラス、イラスト、ぬいぐるみ、粘土、彫金などによって作られたインコやフクロウ、ペンギンなどの鳥作品が、たくさんの猫作品とともに並びます。

<参加作家>
天野 智恵美(陶芸)
市原 真紀(造形作家)
いぢま ゆういち(陶器)
川越体験工房 青い鳥(ガラス)
くまがい まゆみ(イラストレーター)
けもけも工房(ぬいぐるみ作家)
こうの たまき(猫粘土作家)
長谷川 三希子(イラストレーター)
丸 倫子(ガラス)
山田 妙子(ガラス)
山田 瑞子(彫金)

特にグッズ関係のラインナップが充実しているとのことですので、楽しみですね。

また、会場となるギャラリーの所在地・谷中は、猫や猫関連のお店が多く、散策にもピッタリの街。

谷中の猫谷中のにゃんこ

最近では昔ながらの風情が残る地域として谷中、根津、千駄木の三つの頭文字を取った「谷根千(やねせん)」エリアの散策が人気を集めており、5月5日までは根津神社で100種類3,000株のつつじが見頃を迎える「第48回文京つつじまつり」も開催されています。

つつじが咲いている写真イメージ

つつじ祭りや谷根千エリアの散策がてら、ギャラリーを覗いてみてはいかがでしょうか。

 

谷中 鳥ねこ博

期間:2017年4月22日(土)〜5月7日(日)
時間:11:00〜17:00
休み:期間中無休
会場:谷中画廊

<会場アクセス>

東京都台東区谷中5-8-21

JR 日暮里駅 西口 徒歩4分
千代田線 千駄木駅 2番出口 徒歩8分

⇒その他のネコ作品展示会
⇒その他の最新猫ニュース

TAG :