沢尻エリカ&吉沢亮が演じる新作ネコ映画「猫は抱くもの」先行映像公開

女優の沢尻エリカや俳優の吉沢亮らが出演する新しいネコ映画、「猫は抱くもの」が2018年6月23日から全国の映画館で上映されます。

ネコ映画「猫は抱くもの」

本作は2012年公開の映画「ヘルタースケルター」以来、6年ぶりに主演を務める沢尻エリカをはじめ、若手演技派俳優の吉沢亮、犬童一心監督らによる映画作品。

思った通りの自分になれず投げやりな毎日に慣れてしまった元アイドルの沙織(沢尻エリカ)と、自分を沙織の人間の恋人だと思い込んでいる猫(吉沢亮)が、自分らしい生き方を見つけていく・・・という猫好きには気になるストーリー。

 


あらすじ

沢尻エリカ演じる沙織は、元アイドルで今はスーパーで働いているアラサー。思った通りの自分になれなくて、いつしか投げやりな生き方に慣れてしまった彼女が心を開くのは、こっそり飼っているロシアンブルーの猫・良男(吉沢亮)だけ。

映画「猫は抱くもの」で主人公を演じる沢尻エリカ

沙織が毎日の出来事を妄想を交えながら良男に話して聞かせる一方、良男は飼い主の心に寄り添っているうちに自分が沙織の人間の恋人で「彼女を守れるのは自分だけだ」と思い込んでしまう。

そんなある日、沙織の前に「ゴッホ」と呼ばれる売れない画家・後藤保(峯田和伸)が現れ、良男は沙織の変化を目の当たりにする。そして良男は月に誘われるように外の世界に飛び出し迷子になってしまい、「ねこすて橋」という猫の溜まり場で、ゴッホを慕う捨て猫のキイロ(コムアイ)に出逢う。

個性豊かな猫たちとの出逢いを通じて、1人と1匹は、自分らしい生き方をみつける事が出来るのか―。それぞれの想いは叶うのか―。

 

キャスティング

主演の沢尻エリカ以外にも豪華俳優陣がキャスティング。猫の良男が擬人化した時の姿を演じるのは、「銀魂」の沖田総悟役などで知られる人気若手俳優の吉沢亮。

映画「猫は抱くもの」に出演する俳優の吉沢亮

吉沢扮する美形猫が毎日帰りを待ってくれている・・という、「きみはペット」を彷彿とさせる設定にも期待感が高まるほか、音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のボーカル・コムアイが猫のキイロを擬人化した姿を演じて本作で銀幕デビュー。

さらにロックバンド「銀杏BOYZ」でボーカル&ギターを務める峯田和伸も、物語のキーマンとなる画家・ゴッホ役として出演しています。

 

監督・演出

監督を務めるのは「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「ゼロの焦点」など幅広いジャンルの映画を手掛ける傍ら、大島弓子の名作「グーグーだって猫である」の映画版とドラマ版を撮影するなど、猫の映像作品にも定評のある犬童一心氏。

本作では、拗らせてしまった「人間1人」と「猫1匹」の妄想とリアルが入り混じる演出が見どころで、実写の猫に加えて、演劇風の演出、アニメーションなど数々の演出が織り込まれており、猫好きな人はもちろん映画好きな人も楽しめる新鮮な演出が盛り込まれています。

 

先行映像の公開

そして本日3月8には、先行映像の一部が解禁されました。

今はアイドルの夢を断たれ、ペットショップで売れ残っていた猫・良男と平凡な日々を送る沙織が、峯田演じるゴッホが現れてからは日常が一変。ふとした出来事で心から笑うようになったり、「頑張れば何とかなると思ったが、実は毎日折り合いばかりつけてきた・・」と自分自身を見つめるようになる様子などを公開。

特に、ゴッホから言われた一言で、沙織の瞳から涙が溢れ出るシーンは見所です。

冒頭で流れる懐かしい雰囲気の楽曲は、沢尻エリカ扮する沙織が過去に所属していたアイドルグループ・サニーズ唯一のヒット曲「ロマンス交差点」。

※アイドルグループ「サニーズ」のメンバー
リーダー(センター)ナッツン:伊藤ゆみ(※元ICONIQ)
みるみる:佐藤乃莉
りんりん:末永百合恵
トッキー:林田岬優
さおりん:沢尻エリカ

そして映像の後半には水曜日のカンパネラによる劇中歌「マヨイガのうた」が作品を優しく包み込んでいます。

 

映画 猫は抱くもの

監督:犬童一心
原作:大山淳子「猫は抱くもの」
脚本:高田亮
音楽:水曜日のカンパネラ

沢尻エリカ / 吉沢亮 峯田和伸 コムアイ(水曜日のカンパネラ) / 岩松了
藤村忠寿 内田健司 久場雄太 今井久美子 小林涼子 林田岬優 木下愛華 蒔田彩珠
伊藤ゆみ 佐藤乃莉 末永百合恵 / 柿澤勇人
2018年/日本/カラー/ビスタ/DCP5.1ch/109分

©2018「猫は抱くもの」製作委員会 nekodaku.jp