リーバイスが猫に優しい「キャットアートプロジェクト」を開始!絵本作家の石黒亜矢子さんとコラボ

アメリカのジーンズブランド「リーバイス」の原宿フラッグシップストアが8月8日より、お店の看板ネコを制作&投影したアイテムを毎年販売する「Cat Art Project」をスタートしました。

アメリカのジーンズブランド「リーバイス」のロゴマーク

同店は2019年7月26日に、原宿と渋谷をつなぐ約1kmほどのショッピングエリア「キャットストリート」にオープンしたアジア最大級となる旗艦店。

キャットストリートにあるリーバイスの「原宿フラッグシップストア」店舗外観イメージ
リーバイス 原宿 フラッグシップストア

3層からなる店内には、リーバイスのコレクションやコラボ商品などが勢揃いしているほか、世界に1本だけのオリジナルジーンズを作れる「LOT No.1(ロット・ナンバーワン)」、デニムにカスタマイズを施す「TAILOR SHOP(テーラーショップ)」、カスタマイズTシャツを作る「PRINT SHOP​」などのサービスも展開。

現在はオープンを記念して限定商品やカスタマイズコラボレーションアイテムの発売、インストアライブの開催などを行っています。



 

WORLD CAT DAY(世界猫の日)である8月8日からは、キャットストリートにちなんだ「Cat Art Project(キャット アート プロジェクト)」を開始。

これは毎年アーティストとのコラボにより一年間お店を守る「看板ネコ」のキャラクターを制作し、トラッカージャケット(Gジャン)やTシャツなどに投影したカスタマイズアイテムを同店限定で展開するというプロジェクトで、記念すべき1年目は「ばけねこぞろぞろ(あかね書房)」や「おおきなねことちいさなねこ(好学社)」などの絵本作品で知られる石黒亜矢子さんとコラボレート。

石黒亜矢子の猫の妖怪画「猫舌茸」
石黒亜矢子 作「猫舌茸」

同日を皮切りに石黒さんが制作した看板ネコ「スバイリー」の刺繍カスタマイズサービスを開始しています。

リーバイス原宿フラッグシップストアの看板ネコキャラクター「スバイリー」のイラスト by 石黒亜矢子
これが看板ネコの「スパイリー」にゃ
<スバイリーのプロフィール>
名前:正直者のスバイリー
性格: S町のノラ猫たちのボス。自分のチーム(傘下)にある仲間の野良猫のことはなにがあっても守るボス。敵を倒すためなら、時には、ズルイことも。
特技:魚の骨投げ
嫌いなコト:背後に立たれる事。ウソをつかれる事。
好きなコト:ミント味のマタタビをふかしながらのバスタイム

猫の妖怪の頭の上にリーバイスを連想させるカウボーイハットが描かれていて、コワ可愛い石黒さんの作風にアメリカンテイストを加えたようなイラストに仕上がっています。

カスタマイズサービスの内容はトラッカージャケットまたはデニムシャツに「スバイリー」の刺繍パネルを貼り付ける or 直接刺繍を施すというもので、ベースとなる商品代金とは別に25,000円(税別)のカスタマイズ料金が必要。

価格は安くありませんが、同店だけの1年限定の看板ネコを刺繍できるのはちょっとした特別感。特に石黒さんの作品が好きな人には気になるサービスですよね。

トラッカージャケット(Gジャン)に「スバイリー」の刺繍を施したイメージ by リーバイスのCat Art Project
カスタマイズイメージ例

また、同プロジェクトでは毎年2月22日(日本の猫の日)に、アーティストを招いたワークショップの実施も予定しており、ワークショップで誕生した商品の収益の一部は動物愛護団体へ寄付されるという、猫にも優しいプロジェクトとなっています。

興味のある人は渋谷・原宿を訪れる際、ちょっと足を伸ばしてお店を覗いてみては。

<参考>
猫のロゴマークが可愛い♪ ティファニーが原宿・キャットストリートにコンセプトストアをオープン
猫の色気たっぷり♪ ポール & ジョー初のコンセプトショップ「PAUL & JOEキャットストリート」が誕生

© LEVI STRAUSS & CO.

友だち追加

記事の掲載依頼はこちら広告・媒体資料はこちら

記事の掲載依頼はこちら広告・媒体資料はこちら

最近の投稿