愛猫の健康寿命を伸ばすのニャ!服部幸獣医師によるセミナー「sippo猫塾」が東京と大阪で開催

猫専門の動物病院「東京猫医療センター」の院長で獣医師、服部幸先生による猫の飼い主さんむけセミナー「sippo猫塾」が10月から東京で、11月には大阪で開催され、現在その受講者を募集しています。

猫専門の動物病院・東京猫医療センターの院長で獣医師の服部幸氏の近影
(C) Tokyo Feline Medical Center

近年、日本においては人間だけでなく猫の高齢化も進んでいて、一般社団法人ペットフード協会の調査によると2018年の猫の平均寿命は15.32歳。人間の年齢に換算すると76歳〜80歳に相当する年齢で、20年生きる猫(同100歳)も珍しくなくなりつつあります。

しかし、猫は7歳を超えると高齢猫(高齢期)として扱われるのが一般的で、従来よりも寝ている時間が長くなったり、毛づくろいの回数が減ったり、爪が伸びやすくなったりと、それまであまり見られなかった老化の現象が目立つようになり、個体差はありますが年齢を重ねていくにつれて介護が必要になることも増えていきます。

そのため、飼い主さんが愛猫と長く幸せに暮らすためには、日常的・継続的に医療や介護に依存せずに生活できる期間(=健康寿命)の長さが重要になってきます。

老猫・高齢猫のイメージ写真

本セミナーでは愛猫の健康寿命を伸ばし、長く幸せに暮らすために飼い主さんが知っておきたい知識について服部幸獣医師が解説してくれるセミナーで、東京と大阪で異なる内容&期間にて実施。

東京会場では、1回1時間半の講義が全6回にわたって行われ、それぞれ「今日からできるお手入れ法」「猫の防災」「自宅でできる健康診断の方法」「猫と感染症」「愛猫ががんと言われたら考えること」「慢性腎臓病について」をテーマにじっくりと学ぶことができるほか、すべて受講した人には服部獣医師から修了証を授与。



一方の大阪会場は1回限りのセミナーで、自宅でできる健康管理の方法や覚えておきたい数値など、愛猫と長く幸せに暮らすためのヒントを簡潔に学ぶことができます。


東京セミナー

<日程>
・2019年10月15日(火)
→今日からできるお手入れ法
・2019年11月6日(水)
→猫の防災
・2019年12月4日(水)
→自宅でできる健康診断の方法
・2020年1月15日(水)
→猫と感染症
・2020年2月5日(水)
→愛猫ががんと言われたら考えること
・2020年3月4日(水)
→慢性腎臓病について -猫に最も多い病気-

時間:各回18:30~20:00
料金:15,000円(全6回)
定員:約70名
申込:9月30日(月)まで
会場:朝日新聞東京本社本館2階 読者ホール
住所:東京都中央区築地5-3-2


大阪セミナー

日程:2019年11月16日(土)
時間:18:30~20:00
料金:1,800円
定員:約100名
申込:11月9日(土)まで 
会場:アサコムホール
住所:大阪府大阪市北区中之島2-3-18 中之島フェスティバルタワー12階

いずれも受付は先着順となっていますので、興味のある飼い主さんはチェックしてみては。

<講師プロフィール>
服部 幸 (はっとり・ゆき)
猫専門の動物病院「東京猫医療センター」(東京都江東区)院長。JSFM(ねこ医学会)CFC理事。 北里大獣医学部卒。動物病院勤務後、2005年より都内の猫専門病院で分院長を務める。2012年に東京猫医療センターを開院。2013年には国際猫医学会からアジアで2件目となる「キャット・フレンドリー・クリニック」のゴールドレベルに認定され、その後も長く猫の専門医療に携わる。

(C) The Asahi Shimbun Company

最近の投稿