クロネコヤマトのwebサイト、404エラーページでミニゲームが遊べるニャ

存在しないウェブアドレスにアクセスすると表示されるエラーメッセージ「404 Not Found」。

webサイトのエラーメッセージ「404 Not Found」

過去のウェブページが削除された時や、ウェブサイトがリニューアルをして従来のURLから変更になってしまった場合などによく遭遇する画面ですが、日本語のサイトでは、「お探しのページは見つかりませんでした。」といったメッセージと共に表示されることが多いですよね。

しかし、画面にエラーメッセージしか表示されないのでは、せっかくウェブページを見に来てくれたユーザーさんにとって面白くないのでは・・ということで、ユニークな仕掛けを用意しているウェブサイトも少なくありません。

宅急便のクロネコヤマトでお馴染み、ヤマト運輸のウェブサイト(kuronekoyamato.co.jp)もその一つ。

クロネコヤマトのロゴYamato Transport Co., Ltd.

サイト内で「404 Not Found」のエラーページが表示されると、そこにはエラーメッセージとともに、たくさんの宅急便の箱が並んでいます。

ヤマト運輸(クロネコヤマト)の「404 Not Found」のエラーページ画面Yamato Transport Co., Ltd.

程なくして画面右下にある箱のひとつから黒猫がひょっこりと姿を現し、「荷物の中から僕をみつけてね」というコメントを残して再び箱の中に潜ってしまいます。その直後、画面上のすべての箱がシャッフルされます。

画面に黒猫が現れるヤマト運輸(クロネコヤマト)の「404 Not Found」のエラーページYamato Transport Co., Ltd.

これがゲーム開始の合図。画面右上を見ると30秒のカウントダウンが始まっています。

カウントダウンと同時にゲーム開始 by ヤマト運輸(クロネコヤマト)の「404 Not Found」エラーページYamato Transport Co., Ltd.

遊び方はとっても簡単で、宅急便の箱をひとつずつクリック(スマホの場合はタップ)して黒猫が隠れている箱を探し当てるだけ。

ハズレの場合は、箱がパカッと開くと3色の風船と「はずれ」の文字が浮かび上がってくるのですぐに分かります。

ハズレのイメージ画面 by ヤマト運輸(クロネコヤマト)の「404 Not Found」エラーページYamato Transport Co., Ltd.

黒猫が隠れている箱を見事探し当てると、大当りの文字とともに「また遊んでみてね」とメッセージが表示されます。

大当りのイメージ画面 by ヤマト運輸(クロネコヤマト)の「404 Not Found」エラーページYamato Transport Co., Ltd.

スマートフォンの場合は箱が15個、パソコンの場合は30個表示されますので、難易度はパソコンの方が高め。箱をクリック(タップ)してハズレの風船が動いている間でも他の箱を開けることができるので、連打して次々に箱を開けていくのがクリアするコツですよ。

ちなみに当編集部で数回チャレンジしてみたところ、ニャンと1秒(1箱目)で黒猫ちゃんをゲット♪

404ページへのアクセス方法は「http://www.kuronekoyamato.co.jp/」の後に存在しないアドレスを入力するか、直接「http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/404error.html」のページにアクセスすればOK。またはサイト内の検索窓で「404 Not Found」と検索してもヒットしますよ。

皆さんも荷物の発送や問い合わせ、料金などを調べるためにヤマト運輸のサイトにアクセスした際は、ぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。

参考:ヤマト運輸、40周年を記念して猫ふんじゃったビデオを公開

TAG :