【2019年版】 企業による猫の日ネタまとめ(随時更新)

今日は2月22日、ネコ好きな人々にとっては待ちに待った「猫の日」がやってきました。

猫の日のイメージ写真

猫の日はヨーロッパでは2月17日、ロシアでは3月1日、台湾では4月4日、「世界ネコの日」は8月8日、「全米ネコの日」が10月29日といったように、国や地域、記念日を制定した団体などによって異なります。

日本では「猫の日実行委員会」によって1987年に2月22日と定められたのが始まりで、今年は32回目を迎える今では定番の記念日。

ネコ好きな人やネコを飼っている人が猫の話題で盛り上がるのはもちろん、近年は企業によって本業とは関係のない猫絡みの話題が提供されるケースも増えてきました(しかも割と力を入れている)。

2019年の今年もさまざまな企業がこの日のために準備をしていたに違いない…。
という訳で、本日は企業の「猫の日ネタ」をまとめてご紹介します。

 


マクドナルド

ハンバーガーチェーンの日本マクドナルドからは、ハッピーセットならぬ「ニャッピーセット」を発表。ハンバーガーやポテトを模したものなど、マクドナルドならではの猫用オモチャを公開しています。

オモチャは「ニャッピーつめとぎ」「ニャンコバーガー」「マクドニャルドハウス」「ポテじゃらし」の4種類。

残念ながら実際には販売していないそうですが、マクドナルドの「M」の字をモチーフにした「ニャッピーつめとぎ」など、ぜひとも商品化してほしいクォリティに仕上がっています。

 

サントリー

飲料メーカーのSUNTORY(サントリー)からは、ペットボトルのキャップを猫型にしたアイテムが公開。

ありそうでなかった猫キャップ。猫耳に指がかかってキャップも取り外しやすそうですね。こちらも商品化を期待したいところです。

 

MKタクシー

京都のMKタクシーでは、ねこのしっぽなどを装飾した「MKねこタクシー」が4台限定で運行中。

運良く「ねこタクシー」に乗車できると記念カードを1組につき1枚プレゼント。こちらは2019年2月22日(金)~3月22日(金)までの1ヵ月間運行しているそうですので、明日以降も乗車できるチャンスがあります。

 

やよい軒

意外にも定食チェーンのやよい軒が猫の日企画に参戦。サバの塩焼定食に添えられている大根で猫を表現しています。

「大根おろしアート」という斬新な表現方法を提案しており、今日やよい軒でご飯を食べようとしている人にとっては真似てみたくなってしまいそうですが、実際の定食に付いてくる大根おろしの量とは違うようなので注意が必要ですニャ。

 

pino(ピノ)

森永乳業が1976年から発売しているロングセラーアイスクリーム「ピノ」からは、猫バージョンとなる「ピニャ」のイメージを公開。

こちらも商品化して発売してほしい可愛さですね。

 

番外編(社名やロゴが猫化)

最後に紹介するのは、猫の日に合わせて「社名」や「ロゴ」といったコーポレート・アイデンティティを猫に売り渡してしまった企業たち。

シャープは「ニャープ」、キングジムは「キングニャム」、パインアメは「パインニャメ」、井村屋は「imunyaya(いむにゃや)」、タカラトミーは「タカラトミャー」へと華麗なる変身を遂げています。

その他にもバーミヤンやガストなど、2月22日限定でTwitterアカウントを猫化している企業がたくさんあるようですので、興味のある方は注意深く探してみては。

■猫化した企業の例
バーミヤン(@bamiyan_CP)→ バーミニャン
ジョナサン(@jona_official_)→ ジョニャサン
夢庵 ゆめあん(@yumean_PR)→ ゆめにゃん
Cafeレストランガスト(@gusto_official)→ Cafeレストニャン
CASIOカシオ計算機(@casiojapan)→ NYASIOニャシオ計算機
接着剤のセメダイン(@cemedinecoltd)→ セメニャイン
週刊コミックモーニング(@morningmanga)→ モーニャング
激安の殿堂ドン・キホーテ(donki_donki@)→ ニャン・キホーテ
メンソレータム(@mentholatum_cp)→ メンソニャータム
ノザキのコンビーフ(@nozaki1948)→ ノニャキのコンビーフ
DMM.com(@dmm_com)→でぃーにゃむにゃむどっとにゃむ
正露丸(@seirogan_cp)→せいろにゃん

他にもあるよ!という人や、掲載希望の企業さんはこちらへご連絡くださいニャ。

その他の「猫の日」関連ニュース