買わずに飼ってね!命拾いをして幸せになった犬猫たちの写真展が開催

殺処分される寸前に救われた猫や犬を対象にしたフォトコンテスト、「命をつないだワンニャン写真・動画コンテスト2018」の入選作品発表展が10月18日から大阪で始まりました。

命をつないだワンニャン写真・動画コンテスト2018

この写真コンテストは「買わずに飼ってね」をコンセプトに、猫や犬を飼いたいと思った時にペットショップなどの業者から買うのではなく、保護された動物の里親になったり地域猫の世話をする選択肢があること、そしてその素晴らしさを知ってもらうことを目的に行われているフォトコンテストです。

主催しているのは、殺処分ゼロの実現をめざして犬猫の保護や里親探しなどを行っている公益財団法人「どうぶつ基金」。後援には環境省や大阪府などの公共機関が名を連ねており、2010年から毎年開催されています。

いのちつないだワンニャン写真・動画コンテスト 作品展の開催風景

作品の募集は7月末まで行われ、殺処分寸前に救われた犬猫たちの愛らしい写真や動画が、感動のストーリーと共に多数応募。

糞尿まみれの多頭飼育部屋から保護された猫、無理な繁殖を繰り返し破たんしたブリーダー崩壊現場から来た犬など、命拾いをして今は新しい家族と幸せに暮らしている猫や犬たちの作品が多く寄せられました。


全部で1,590件にものぼる応募作品はインターネットを通じて一般投票が行われたほか、著名デザイナーの森田恭通さん、落語家の桂文枝さん、はっちゃん日記などで知られる写真家ユニットの八二一(はにはじめ)さんら審査員によって「環境大臣賞、大阪府知事賞、理事長賞、審査員特別賞」など各賞入賞者の選定が行われました。

環境大臣賞 受賞作品 by 命をつないだワンニャン写真・動画コンテスト2018環境大臣賞 受賞作品

さくらねこ部門 入選作品 by 命をつないだワンニャン写真・動画コンテスト2018さくらねこ部門 入選作品

18日から始まった入賞作品発表展では、作者と被写体である猫や犬の感情をより明確に感じ取れるよう、最高品質の大型プリントに出力し作者のメッセージを添えて展示。

いのちつないだワンニャン写真・動画コンテスト 作品展の会場

本展を鑑賞することで「本当なら殺されていたかもしれない小さな命が救われ、共に生きる」素晴らしさを実感してもらい、応募作品を見た多くの人が次にペットを飼おうと思ったときに「買わずに飼う」という選択をして欲しいとの関係者の願いが込められています。

「命をつないだワンニャン写真・動画コンテスト2018」のコンセプト

また、どうぶつ基金のオフィシャルショップでは優秀作品を使って作成したチャリティーカレンダーも販売されており、利益は全て殺処分ゼロのための活動に使われる仕組みとなっています。

どうぶつ基金のチャリティー猫カレンダー2019

どうぶつ基金のチャリティー猫カレンダー2019(茶トラ)

 

イベント概要

名称:いのちつないだワンニャン写真・動画コンテスト2018
会期:2018年10月18日(木)~20日(土)
時間:10:00〜19:00
  :10:00〜17:00(最終日)

会場:大阪本町ガーデンシティ 1Fロビー

大阪府大阪市中央区本町3-6-4

(C) doubutukikin