ラパーマ(LaPerm) | 猫の種類&図鑑

ラパーマの写真

ラパーマ(LaPerm) - 猫の種類&図鑑Photo by petinsuranceu.com

基本情報

原産 : アメリカ(突然変異種)
祖先 : 不明
体型 : セミフォーリン
寿命 : 10〜15歳
体重 : 3.0〜5.5kg(オス)
体重 : 2.5〜4.5kg(メス)
毛種 : 短毛種、長毛種
毛色 : 全部
毛柄 : 全部
目色 : ブルー、グリーン、イエロー、ゴールド、カッパー

歴史

1982年にアメリカの農家で、1匹だけほとんど毛がない子猫が生まれてきました。その子は日が経つにつれて縮れ毛が生えてきたため、巻き毛(カール)の意味から「カーリー(Curly)」と名付けられました。やがて成長したカーリーは子供を産みましたが、生まれた子猫にも縮れた毛が生えてきたのです。

当時、すでに「コーニッシュレックス」や「アメリカンカール」など縮れ毛の猫は存在しましたが、遺伝子的に血縁がないと判明したため本格的な繁殖が開始され、2008年にCFAから認定されました。名前の由来は、パーマをかけたような独特の巻き毛からきています。

特徴

顔はカップ状の大きめな耳とアーモンド形をした釣り上がった目が特徴です。被毛は軽くてやや硬めの巻き毛で、あごの下やシッポなどに強いカールが現れます。ラパーマの中には生まれつきや成長過程で直毛になる猫もいますが、一定期間が経つと巻き毛になることが多いようです。

性格

人間が好きで飼い主への愛情が深い猫ですが、もともと農場で害虫ハンターとして活躍していたので、とても活発な一面も持ちあわせています。

病気、怪我、注意点

もともと活発な猫なので、運動をしないと肥満になってしまいます。上下運動ができるキャットタワーをおいたり、おもちゃなどで遊んであげるようにしましょう。長毛種の場合は、1日1回はブラッシングしてあげましょう。

ラパーマの動画