猫がくつろげる休憩スペースを用意する

猫は1日14時間も寝ると言われるほどよく眠る動物です。

そのため、家の中に居心地がよいと感じられる場所がないとストレスになってしまいます。猫がゆっくり眠ったり、安心して休憩できるスペースをいくつか確保してあげましょう。

特に、猫を複数飼っている場合には縄張り意識がありますので、それぞれにくつろげる場所を用意してあげる必要があります。

 

高いところ

猫は家の中や部屋全体を眺め下ろせる場所が大好きです。

猫の祖先は木の上に登って外敵から身を守ったり周囲を監視したりしていましたので、その時の名残なのか、家の中に居てもわざわざ高いところに登って休憩することが少なくありません。

猫が上下運動するスペースを兼ねているキャットタワーやキャットウォークがあると良いでしょう。または家具で階段状の段差を作って高いところに登れるようにしてやり、猫ベッドなどを置いてやるのも良いと思います。

 

静かな場所

猫は物音に敏感なので、人間の生活音で常に騒がしいような所にしか居場所がないとゆっくりできないこともあります。

大抵、猫は自分でお気に入りの場所を探しますが、家の中で静かに過ごせる場所がひとつもなく、猫も落ち着いて休めていなそうだと感じたら、箱のようなものでもよいので用意してあげると良いかもしれません。

 

身を隠せる場所

人見知りの猫の場合は、家のインターホンが鳴ったり来客が家の中に入ってきたりすると、何処か人目に付かない所に身を隠したくてしょうがない、といった素振りをする子も多いです。来客が帰っても、飼い主さん以外の声がしない状態を確認しないと姿を現さない猫もいます。

猫にとって来客は自分の縄張りに侵入されることに等しいので、警戒心が高くなるのは仕方ありません。そのような猫の場合は、知らない人が家に入ってきても、その人間と視線が合わないように身を隠せる場所をつくってあげましょう。