猫の運動スペースを用意する

猫の完全室内飼いには、病気や事故のリスクを減らせるなどさまざまなメリットがある反面、ずっと家の中にいては運動不足になってしまうと思われる方もいます。

しかし、猫は広い縄張りを持つ動物ではありませんし、もともと外敵から身を守るため木に登る習性がありますので、広いスペースを用意するよりも上下運動ができるスペースを用意してやれば、十分に運動してストレスも解消することができます。

 

上下運動をする場所

キャットタワーを用意する

一番簡単なのはキャットタワーを用意することです。

小さいものだと50cm×50cm以内のスペースでも設置できますので、ワンルームのお部屋でも十分に置くことができます。値段も5,000円以内で買えるお求めやすい商品もあります。

また、キャットタワーの柱は爪とぎがしやすい材質で作られているものがほとんどですし、上の方には猫ベッドや猫ハウスみたいなくつろげるスペースが用意されているものもありますので、一台で「上下運動」「爪とぎ」「休憩スペース」の機能を果たす一石三鳥なアイテムです。

 

キャットウォークを設置する

キャットウォークとは、高い所にある猫の通りみちのことで、部屋の壁に小さい板をいくつか取り付けて猫が水平方向に移動できるようにしたものや、縦の並びに取り付けて垂直方向に移動できるようにしたものなどがあります。猫カフェなどにいくと設置してあるお店が多いですね。

キャットウォークの大半は、キャットタワーのように爪をとぐ機能はありませんが、猫が上下運動したり高いところで休んだりすることはできます。キャットウォークはホームセンターなどで材料を買って手作り(DIY)で作ることも可能ですので、自分好みの運動スペースを作ってみたい人は、自作にチャンレンジしてみるのも面白いかもしれません。

 

家具などで段差をつくる

キャットタワーやキャットウォークを置けない場合は、家具を組み合わせて段差をつくることで、猫が上下運動をするスペースを作り出すことができます。

例えば椅子、テーブル、棚など高さの違う家具を階段状に配置して猫が飛び移れるようにしてやると、、猫はその段差を勝手に登って行って上下運動をするようになるでしょう。

その場合は猫が登っても危険がないように、家具が倒れたり家具の中に入っているものが簡単に落ちてこないよう安全対策に気をつけてあげてください。