ニャンコ先生が3体に分裂「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」9/29から上映開始

かわいい猫キャラ「ニャンコ先生」が登場する人気マンガ作品、夏目友人帳(なつめゆうじんちょう)の新作アニメ映画「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」の上映が2018年9月29日(土)より全国の映画館で開始されます。

映画「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」のロゴ

夏目友人帳は、妖怪が見える少年と妖(あやかし)たちとの心の交流を心温まるストーリーで描いた作品で、テレビアニメや小説、Webラジオ、音楽朗読劇などさまざまな形で作品を展開しており、作者・緑川ゆきさんによる原作コミックスは2017年に累計1,200万部を突破。2018年の今年はアニメ放送の開始から10年、原作の公開から15周年を迎えます。

その節目の年を記念して今秋スクリーンに登場するのが、アニメ「夏目友人帳」の集大成ともなる劇場版映画。

シリーズ初となる長編オリジナルエピソードで原作者の緑川ゆき氏が監修を担当しており、これまで原作マンガやTVアニメを見ていたファンはもちろん、初めて「夏目友人帳」を見る人も楽しめる作品となっています。

映画「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」本編イメージイラスト

<プロローグ>
小さい頃から、他の人には見えない妖(あやかし)を目に映すことができた夏目貴志。
亡き祖母レイコが勝負をしかけ、負かした妖に名前を書かせた契約書の束「友人帳」を継いで以来、自称用心棒・ニャンコ先生とともに、妖たちに名を返す日々――

また、昨日には新たに本編のイラストの一部が解禁。ニャンコ先生が3体に分裂してしまったかのように思われるシーンが公開されています。

3体に分裂した!?ニャンコ先生 by劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~

3体のニャンコ先生と夏目貴志 by 劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~

総監督には、第1期~第4期TVシリーズに監督を、第5期~第6期は総監督をつとめた大森貴弘氏を起用。

監督にはアニメーターとしても幅広く活躍する伊藤秀樹氏、脚本は数多くの劇場作品を手掛けてきた村井さだゆき氏、アニメーション制作はTVシリーズを担当してきた朱夏氏など、歴代の作品を手掛けてきたスタッフが集結して製作が進行しています。


さらに今回は制作陣の中から、妖怪デザインとアクション作画監督を務める山田起生氏と、サブキャラクターデザインを担当した萩原弘光氏から本作の注目ポイントついてコメントが寄せられています。

<山田起生氏>
作画チームは割りといつものメンツがスクリーン映えする画面を作るべく奮闘中ですのでご期待ください。ビルが爆発したり、ダムが崩れたりはしませんが、いつもの感じでもう少し丁寧な表現でみられる様になっている予定でいます。

<萩原弘光氏>
物語の進行を損なうことなくコミカルな部分がほどよく織り交ぜられ、かといってせわしないほどではなく終始ほどよく見応えのあるものになっていると思います。夏目や関わる人たちの想いがどう捉えられるのか、人によって様々な感想や見え方があるのではないかなあと…誰かと語らいたくなるような内容になっているのではと。

また現在、本作の上映劇場にて第1弾の特典付き特別鑑賞券(全国共通)が数量限定で発売されています。

「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」の特別鑑賞券特別鑑賞券

「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」の特別鑑賞券に付属する特典のクリアファイル特典のクリアファイル

価格:1,500円(上映当日は1,800円)
特典:クリアファイル(A4サイズ)
場所:全国の上映劇場

制作陣&キャスト一覧
<制作陣>
原作:緑川ゆき/月刊LaLa(白泉社)連載
総監督:大森貴弘
監督:伊藤秀樹
脚本:村井さだゆき
妖怪デザイン・アクション作監:山田起生
サブキャラクターデザイン:萩原弘光
美術:渋谷幸弘
色彩設定:宮脇裕美
編集:関 一彦
撮影:田村 仁・川田哲矢
音楽:吉森 信
アニメーション制作:朱夏
製作:夏目友人帳プロジェクト
配給:アニプレックス

<キャスト>
夏目貴志:神谷浩史
ニャンコ先生・斑:井上和彦
夏目レイコ:小林沙苗
夏目貴志(少年時代):藤村 歩
藤原塔子:伊藤美紀
藤原 滋:伊藤栄次
田沼 要:堀江一眞
多軌 透:佐藤利奈
西村 悟:木村良平
北本篤史:菅沼久義
笹田 純:沢城みゆき
名取周一:石田 彰
柊:ゆきのさつき
笹後:川澄綾子
瓜姫:樋口あかり
ヒノエ:岡村明美
三篠:黒田崇矢
ちょびひげ:チョー
一つ目の中級妖怪:松山鷹志
牛顔の中級妖怪:下崎紘史
河童:知桐京子
ほか

©緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト