監督は愛猫家&作中にもネコが登場!本を愛する人々を描いたドキュメンタリー映画『ブックセラーズ』

本を探し、本を売り、本を愛する人々の世界を描いたドキュメンタリー映画『ブックセラーズ』が4月23日(金)より全国の映画館で順次公開されます。

本は紙で読むのが当たり前だった時代も今は昔。

近年は情報のデジタル化やデバイスの進化によって本を取り巻く環境は大きく変化しており、将来的には書店や紙の本が無くなってしまうのではないかと危ぶむ声も聞こえてきます。

そんな時代においても、リアルな本に魅せられ、愛し続ける人々の姿を描いたのが本作。

世界最大規模と言われるアメリカ・ニューヨークのブックフェアを舞台に、業界で名を知られたブックディーラーや書店主をはじめ、コレクターから伝説の人物まで、実在する個性豊かなブックセラーたちが登場。

インタビューなどを交えながら、知られざるブックセラーの世界を紐解いていきます。

作中にはコレクターしか見ることのできないような希少本が多数登場するのも本映画ならでは。

ビル・ゲイツによって史上最高額の2800万ドル(約28億円超え)で競り落とされたレオナルド・ダ・ヴィンチの『レスター手稿』や、ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』のオリジナル原稿、四姉妹の成長を描いた『若草物語』の作者・オルコットが偽名で書いたパルプ小説、宝石が施された本、人間の皮膚で作られた本などなど、情熱的な愛書家たちによる秘蔵コレクションが満載です。

時を経て希少な価値を持つ本というのはどこか神秘的で、好奇心を掻き立てるその存在はまるで猫のようでもありますが、実は映画の中にも猫が登場する本作。

監督を務めたD・W・ヤングは自身でも保護猫を飼っているという愛猫家で、日本版ポスターの右下には映画の中に出てくる猫が座っているなど、猫とも縁のある映画なのがネコ好きな人には気になるところ。

映画の公開まで1週間と迫った本日には、監督や映画に登場するニューヨークのブックセラーたちから、日本の観客に向けたメッセージ動画も公開。

中でもデイヴ・バーグマンというブックセラーは飼い猫の頭を撫でながら出演していて、レトロな古書に囲まれながら猫を愛でる光景は、奥深い本の世界へと導いてくれそうな雰囲気を漂わせています。

物理的な本の重要性と、ぶらぶら見て回ることで偶然に発見する楽しさも描いた映画『ブックセラーズ』は4月23日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、UPLINK吉祥寺など全国の映画館で順次公開される予定となっています。

<参考>
旅館、民宿、ゲストハウスの猫にフォーカス!紀行番組 旅猫ロマンの傑作選5〜6話は「お宿の猫」
大ヒット猫マンガ「俺、つしま」のアニメ化が決定!主役猫は大塚明夫 × 飼い主役は田中真弓
世界を魅了した茶トラ猫の続編映画は…Xmasに起こった物語!『ボブという名の猫2』公開決定

情報提供:MOVIOLA

最近の投稿