雑誌AERAの猫バージョン第3弾「NyAERA(ニャエラ)みっけ」が8/27に発売

ニュース週刊誌のAERA(アエラ)から誕生した一冊丸ごと猫だらけがコンセプトの増刊号「NyAERA(ニャエラ)」の第3弾となる雑誌「NyAERA(ニャエラ)みっけ」が8月27日に発売されます。

雑誌「NyAERA(ニャエラ)みっけ」の表紙イメージNyAERA(ニャエラ)みっけ

「NyAERA(ニャエラ)」とは、社会情勢などを中心に取り扱うニュース週刊誌「AERA」の編集部の中から猫好きスタッフの力を結集し、総力取材を重ねて作り込まれたネコ好きのための雑誌です。

2016年の大晦日に第1弾の「NyAERA(ニャエラ)」、2017年の12月には第2弾となる「NyAERA(ニャエラ)またたび」が刊行され、全国のネコ好きさんを中心に大きな話題となりましたが、いずれも発売時期は冬。今回は初の夏バージョンとなります。

気になる表紙は、大ヒットねこ写真集「必死すぎるネコ」などで話題の猫写真家・沖昌之さんがトルコで撮り下ろしたというこちらの一枚。

猫写真家・沖昌之さんが撮影した猫の写真 by 「NyAERA(ニャエラ)みっけ」沖さんが撮影したニャンコなのにゃ

同誌の名物企画「現代のニャン像」では、NHKの猫を愛する作家に密着するネコメンタリーでも登場した直木賞作家の村山由佳さんが執筆。番組放送当時は5匹の猫を飼っている様子が放送されましたが、その中の1匹愛猫・銀次の「言い分」は思わずかわいくてホロリとくる内容。

毎号好評の巻頭グラビアは、沖縄の猫に密着してニャンと20ページに大増量。沖縄本島、竹富島、奥武島を自由気ままに闊歩する猫たちが醸し出す神々しいほどの魅力を、見開きの大判写真で楽しむことができます。

また今回は初の試みとして、2本の漫画を収録。


一つはリアルな描写で大人気の猫マンガ「俺、つしま」のNyAERA編が収録されているほか、岩合光昭さんによる初映画監督作品「ねことじいちゃん」の原作者でもある人気漫画家・ねこまきさんが描き下ろした「猫駅長のぶらり放浪記」も収録されていて、どちらも「旅」をテーマにした作品となっています。

インタビュー記事も充実。「師匠と弟子」のコーナーでは10月に公開予定のねこ映画「旅猫リポート」で主役を演じている俳優の福士蒼汰さんが共演した猫・ナナと一緒に誌面を飾っているほか、日本を代表するイラストレーター宇野亞喜良さん、タレントの清水ミチコさん、岩合光昭さんなど、さまざまなインタビュー記事が掲載されています。

その他にもシニア猫のための健康情報や長寿猫の育て方、おしっこで病気を感知する最新の猫トイレ、猫の関節炎の朗報などなど、最新の猫ニュースが満載の一冊となっています。

書名:NyAERA (ニャエラ) みっけ (AERA増刊)
発売:2018年8月27日(月)
定価:780円(税込)
仕様:A4変判/オールカラー/88ページ

(C) Asahi Shimbun Publications Inc.