ネコの仕草を観察すると…心や体の不調が分かってくる!書籍『イラスト解説 猫のしぐさ解読手帖』

犬に比べると、素っ気なくてクールな印象を持たれがちな猫。

無表情な猫のイメージ写真
ポーカーフェイスなのニャ

猫は基本的に集団で行動する動物ではないため、相手に気持ちを伝える感情表現に乏しく、無表情で何を考えているのかよく分からないと思われてしまうことも。しかし、猫が何気なく見せる仕草はとっても雄弁。その動きを観察していると、表情からはうかがい知れない猫の状態を読み解くことができます。

そんな猫の仕草から分かる変化や不調などについてまとめたのが『イラスト解説 猫のしぐさ解読手帖』という書籍。

猫の仕草を解説した本『イラスト解説 猫のしぐさ解読手帖』表紙イメージ
表紙イメージ

耳や尻尾の動きから、鼻の濡れ方、毛づくろい、前足でモミモミするなど、猫が見せるさまざまなしぐさの中から、飼い主さんが心配しがちな60項目をピックアップして紹介。

猫に精通している動物行動学の専門家がその「しぐさ」の意味と、対処法について楽しいイラストを交えながら解説しています。

『イラスト解説 猫のしぐさ解読手帖』目次イメージ
目次イメージ

巻頭スペシャルでは、壁に向かって一点を凝視したり、遠吠えするように泣き続ける仕草などについて解説。

第1章では頭・目・耳など猫のパーツ別のしぐさについて、第2章では走ったり噛み付いたりするなど猫のからだ全体のしぐさについて、第3章では猫が暮らしの中でするしぐさについてそれぞれ解説しています。

一点を見つめる猫の仕草について解説したページ
目のしぐさ

耳をしょっちゅうかく猫の仕草について解説したページ
耳のしぐさ

隠れて出てこない猫の仕草について解説したページ
隠れるしぐさ

著者は動物関係のライターやエッセイストとして活動している加藤由子さん。『雨の日のネコはとことん眠い』『猫とさいごの日まで幸せに暮らす本』『ネコ好きが気になる50の疑問』など猫に関する書籍を多数発表しているほか、動物行動学を治療に取り入れている獣医師・井本動物病院院長の井本史夫氏が監修を務めています。

【目次抜粋】
<巻頭スペシャル>
・目:壁に向かって一点を凝視。何をみているのかわかりません
・鳴く:まるで遠吠え!家じゅうに響く声で鳴き続けています
・お尻:お尻をやたらとなめています。見た目は異常がなさそうだけど

第1章:猫のパーツ別のしぐさ
・頭:頭突きとスリスリ。よくしてくれるけど愛情表現ですよね?
・目:どアップで私を見ています。これって何かの意味があるの?
・耳:立てたり伏せたり、あちこち向きを変えたり。なぜあんなに耳を動かすの?

第2章:猫のからだ全体のしぐさ
・咳をする:最近咳をよくするようになりました。大丈夫でしょうか?
・走る:トイレに行く前とトイレから出たとき突然、走り始めるのはなぜ?
・噛みつく:突然、手に飛びついて噛みついた。叱るとますます興奮。どうすれば?

第3章:猫が暮らしの中でするしぐさ
・眠る:布団の中に入ってくるとき布団をかくけど、あれは「入れて」に合図なの?
・飼い主との関わり:最近、お気に入りの猫じゃらしで遊ばなくなった
・なぜ?

書名:イラスト解説 猫のしぐさ解読手帖
著者:加藤 由子
仕様:A5判、160ページ
出版:誠文堂新光社
発売:2022年7月6日

<参考>
猫はなぜ物陰からのぞいてくるのか…?猫にまつわる50の疑問を人気獣医師が解説した書籍が登場
猫の病死の原因1位「がん」にどう向き合う?特徴や早期発見、治療法などを解説した実用書が登場
Twitterで人気の獣医師が解説!猫の本音や不調のサインが分かる書籍「家ねこ大全 285」

(C) Seibundo-shinkosha

最近の投稿