猫による上から目線なテレビCM「にゃんぱく宣言」が放送開始!作詞作曲さだまさし

公共広告によってさまざまな啓発活動を行っているACジャパンが7月1日より、猫の適正飼育を訴えるテレビCM「にゃんぱく宣言」の放送を開始しています。

ACジャパンのCM「にゃんぱく宣言」のメインビジュアル
©2014 Advertising Council Japan.

ACジャパンは民間の企業や団体、個人などによる会費を資金源として、社会にとって有益なメッセージを広告という形で発信している公益社団法人。

毎年7月1日を皮切りに1年間にわたって20種類以上の広告が展開され、環境問題や親子のコミュニケーションなどの普遍的なテーマや、認知症やスマホマナーの問題など時代の世相を反映したテーマをはじめ、公共福祉活動に取り組んでいる団体を支援するキャンペーン、大災害が発生した時の臨時キャンペーンなど、その年度ごとに社会が必要としているテーマを取り上げてメッセージを発信し続けています。

今年の7月からは、動物の命を守ったり命の大切さを啓発する活動を行っている「日本動物愛護協会」への支援キャンペーンとして、猫の終生飼養や適正飼養を分かりやすく訴える「にゃんぱく宣言」のテレビCMをスタート。


 

CMタイトルでピンときた人もいるかもしれませんが、これは1979年にシンガーソングライターのさだまさしさんが発表して、160万枚を超えるヒットを記録した名曲「関白宣言」を元にした映像作品。

関白宣言の曲中では「俺より先に寝てはいけない」「俺より後に起きてもいけない」といった過激な歌詞が綴られていますが、「にゃんぱく宣言」ではそんな亭主から妻への言葉を、猫から飼い主へのメッセージに置き換えて猫の適正飼育を訴える内容となっており、かけがえのないパートナーとして猫に一生添い遂げることの大切さを伝えています。

にゃんぱく宣言/作詞・作曲 さだまさし

お前、俺の飼い主ならば
俺の体、俺より管理しろ。
家の外に、出してはいけない。
飼えない数を、飼ってはいけない。

忘れてくれるな
俺の頼れる飼い主は
生涯、お前ただ一人

LA LA LA~

にゃ~

上から目線なメッセージと不器用な愛情表現が、いかにも猫っぽさを感じさせる内容となっていますが、ニャンと作詞作曲はさだまさしさん本人が手がけているのだとか。

この「にゃんぱく宣言」のテレビCMは今後1年間放送される予定で、ラジオや新聞、雑誌などでも放送・掲載されるほか、ACジャパンの公式HPでも見ることができます。

参考:にゃんぱく宣言 (支援キャンペーン)│ACジャパン