初めて猫を飼う場合

飼う前に考えること
安易で衝動的に飼ってしまうと結果として不幸な猫がふえてしまいます。終生飼育できるか、経済的に飼育可能か、住居環境に問題ないか、他人のサポートを受けられるか、家族の同意があるか、猫と触れ合う時間あるか、老猫を介護する覚悟があるか、などについて考えてみましょう。

猫との出会い方
猫は動物愛護センター/保健所、猫の保護団体、保護猫カフェ、友人・知人、ペットショップ/ブリーダーなどから入手することができます。それぞれに特徴や注意すべき事柄がありますので、よく理解したうえで選択しましょう。

契約前に確認すること
飼いたいと思った猫が決まっても衝動的に契約してしまうと、後々トラブルになってしまう可能性も。「飼いたい猫についての情報」と「飼育後の条件」を事前に把握し、納得したうえで契約をすることが大切です。

契約後に確認すること
契約が決まったら猫を家に迎え入れるための準備をしなければなりません。そのためには、元の飼い主さんに猫についての情報を聞いたり、お願いしておいた方がよい事などがあります。

猫を飼う前に用意するもの
まずはトイレ、キャットフード、食器は猫が家に到着するまでに必ず揃えておきます。それ以外にも、幼少期にはいろいろな物に触れたり身に付けさせたりして慣らしておくことが大切ですので、何を用意したらよいのかよく覚えておきましょう。

猫の迎え方
猫は見知らぬ家に連れて来られて緊張しますので、飼い主となる貴方が猫をサポートしてあげなければなりません。当日はどのように猫を出迎えて家で過ごしたらよいのか、注意しなければならないことについてご紹介します。

猫の名前の付け方
猫の名前は基本的には飼い主さんの好みで付ければよいのですが、しかし、人によっては名前を付ける際に気をつけておいた方が良い点があります。後々後悔することになる場合もありますので一読しておきましょう。

猫の飼い主の法的義務
飼い主は猫を飼育するにあたり、法的な義務が伴いますのでしっかりと自覚しておく必要があります。猫を愛する人にとってはあたり前のような義務内容ですが、これらの法律に違反すると処罰されますので必ず目を通しておいてください。