イギリスの動物画家ハンナ・デールが描く猫グッズのお店が期間限定でオープン

イギリスの雑貨ブランド「レンデル」の期間限定ショップが11月10日より東京の下町・谷根千エリア登場し、猫などの動物をモチーフにしたアイテムが販売されます。

イギリスの雑貨ブランド「レンデル」の猫のグリーティングカード

レンデル(Wrendale Designs)は、イギリスで人気の動物画家ハンナ・デールが描くイラストのアイテムを販売する雑貨ブランド。グリーティングカードをはじめ、レターセットやメモパッド、ノート、クッション、紅茶グッズ、フードボウルなど、かわいい動物がデザインされたさまざまなアイテムを取り扱っています。

猫がデザインされたキャットボウル by イギリスの雑貨ブランド・レンデル

このたび、そんなハンナ・デールの作品を取り扱うショップが、昔ながらの風情が残り猫の街としても知られる東京・谷中に期間限定でオープン。店内にはグリーティングカードやマグカップなど、ハンナが描く猫などをモチーフとしたアイテムが豊富に並びます。

猫とねずみがデザインされたマグカップ by イギリスの雑貨ブランド・レンデルCat and Mouse マグカップ/2,500円

なかでも、1789年にイギリス国王ジョージ3世より王室御用達を拝命した磁器ブランド・ロイヤルウースター社とのコラボアイテムは、ホリデーシーズンのギフトにもピッタリ。


レンデル製品のすべてのイラストデザイン手がけているのは、英国東部にある田園地帯の美しい草原で育ったイギリス人動物学者で女性画家のハンナ・デール(Hannah Dale)。

自然を愛し、そこに住む愛らしい鳥や動物たちに心惹かれ、いつの頃からか生命力溢れる彼らのありのままの姿を描くようになったというハンナは、ケンブリッジ大学で動物学を学び、家の近くに生息する鳥やウサギやキツネなど、多くの動物を描くようになります。

イギリスの動物画家ハンナ・デール(Hannah Dale)が描く猫のイラスト

そんな彼女の作品に惚れ込んだ夫・ジャックにより2011年に創立されたのがレンデル社。

美しくユニークな動物たちが躍動感あふれるタッチで描かれたアートは、地元の小さなお店から人気に火が付き、最も優れたグリーティングカードデザイナーに贈られるヘンリーズ賞を5年連続受賞するなど高い人気を誇っています。

 

店舗情報

名称:レンデル・ポップ・アップ・ストア
期間:2018年11月10日(土)〜12月16日(日)
   ※期間中の土日のみ営業
時間:12:00〜18:00

<アクセス>

東京都荒川区西日暮里3−10−30

期間中はストール(5,000円/税抜)を購入した人を対象に、可愛らしいウサギのギフト用袋(300円/税抜)でラッピングしてもらえる特典も用意されています。