新宿小田急で岩合光昭さんの猫グッズや話題のネコ型お弁当を販売

東京都新宿区にある小田急百貨店で本日2月15日(木)から、2月22日の「猫の日」にちなんだ催しが開催されます。

1年で最もネコ好きさんが盛り上がる「猫の日」まであと1週間と迫った本日、小田急百貨店新宿店の本館2階サンドリーズ・アレーでは、世界ネコ歩きでお馴染み動物写真家の岩合光昭さんや、「飛び猫」で有名な写真家・五十嵐健太さんらのグッズ販売を開始。

2月21日(水)からは、本館地下2階の食料品売場イベントコーナーにて、食べた後の容器も使える話題の猫型お弁当が販売されます。

 


猫の日コレクション

写真家の岩合光昭さんや五十嵐健太さんのネコ写真をモチーフにしたグッズを中心に、猫を愛してやまない作家たちによる猫モチーフのアクセサリー、ガラス製品、Tシャツ、雑貨などの作品が販売されます。

岩合光昭さんのネコ写真をモチーフにしたシェル型ポーチシェル型ポーチ

五十嵐健太さんのネコ写真をモチーフにした飛び猫クリアファイル飛び猫クリアファイル

また、JR東日本の非接触型ICカード「Suica」のキャラクターとなっているペンギンや、千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」の生みの親としても知られる、イラストレーターの坂崎千春さんが手がける猫キャラクター「白黒さんいらっしゃい」のグッズも並びます。

坂崎千春さんが手がける猫キャラクター「白黒さんいらっしゃい」白黒さんいらっしゃい

期間:2018年2月15日(木)〜27日(火)  
会場:新宿店本館2階 サンドリーズ・アレー<スウィングスペース>

 

猫の日スペシャル弁当

昨年、会議用幕の内や弁当給食サービスを提供している企業が発売して話題になった「福ねこ弁当」が、小田急百貨店新宿店の食料品売場に登場します。

ねこ型弁当「福ねこ弁当」

「福ねこ弁当」は、猫の形をしたお弁当箱にこだわりメニューのおかずとご飯が入ったお弁当で、食べ終わった容器を洗って乾かせば、小物やお菓子を入れたり手作りスイーツの型を取ったりして、食べた後も再利用して楽しめる画期的なお弁当セット。

猫の形をしたお弁当箱、福ねこ弁当猫の形をした可愛い容器

中にはおかずとご飯が入っている福ねこ弁当中にはご飯とおかずが♪

本物の鈴が付いた「福ねこ弁当」の固定バンド固定バンドは鈴付きの首輪ですニャ

お弁当は「雅」「蘭丸」「桜」の3種類がラインナップ。それぞれ容器のデザインやお弁当の中身に特徴があります。

福ねこ弁当 雅(みやび)ヘルシーな梅じゃこ豆ご飯+女性が喜ぶおかずを意識

福ねこ弁当 蘭丸(らんまる)肉球オムライス+ミートボールなどの定番おかず

福ねこ弁当 桜(さくら)深川めし+角煮など食べごたえのあるおかず

ちなみに3種類の容器のデザインは、お弁当の開発企業の社長さんの家にいる3匹の保護猫がモデルになっているのだとか。

ねこ型弁当「福ねこ弁当」は3種類のラインナップ

この「福ねこ弁当」は配達エリアが東京近郊限定で最低購入単位が45個からとなっているため、個人ではなかなか注文できる機会がありません。今回のようなイベントやお店などによる期間限定での販売がゲットするチャンスとなりますので、興味のある方はチェックしてみては。

期間:2018年2月21日(水)〜28日(水)
会場:新宿店本館 地下2階 食料品売場イベントコーナー


東京都新宿区西新宿1-1-3

(C) Odakyu Department Store Company Limited/atpress.ne.jp