東京メトロの一部車両に猫界のスーパー家政婦「猫村さん」が出現中

東京メトロの地下鉄の一部車両に2018年5月15日まで、マンガ「きょうの猫村さん」や「カーサの猫村さん」でお馴染み、猫村さんのユニークなポスターが出現しています。

東京メトロの車両に出現中の「猫村さん」の中吊りポスター猫村さんの5連ポスターが出現

「きょうの猫村さん」とは、スーパー家政婦として活躍する主猫公「猫村ねこ」の日常をマンガ家のほしよりこさんが描いた作品で、シリーズ累計330万部の大ヒットコミック。

そのスピンオフ作品である「カーサの猫村さん」が現在、月刊誌カーサ ブルータス(Casa BRUTUS)にて連載中。

月刊誌カーサ ブルータス(Casa BRUTUS)Casa BRUTUS

カーサ ブルータス編集部に派遣された猫村さんが編集アルバイトの仕事に初挑戦する内容で、ゴージャスな編集長をはじめ「クールビズ」や「Vシネ」などの個性豊かなスタッフとともに、より素晴らしい雑誌を作るべく日々健闘する姿を描いています。

そんな「カーサの猫村さん」が連載100回を迎えたことを記念して、5月9日(水)発売のカーサ ブルータス2018年6月号では、1冊まるごと「猫村さん」と作者である「ほしよりこさん」を大特集。

猫村さん×ほしよりこ大特集 by カーサ ブルータス2018年6月号Casa BRUTUS 2018年6月号

猫村さんが夢みるオリジナル茶室の製造計画「ネコムーランド」の巻頭スペシャル企画をはじめ、猫村さんをテーマにした石田ゆり子さん×角田光代さんによる対談、ミュージシャンの岡村靖幸さんが語る作者・ほしよりこさんの魅力、ほしよりこさんの新作や単行本未収録作品、インタビュー記事などなど、第19回手塚治虫文化賞マンガ大賞の受賞でさらなる注目を集める、ほしワールドをたっぷりと堪能できる一冊になっています。


また、その特集号を記念して発売から1週間、東京都内の地下鉄・日比谷線、有楽町線、半蔵門線、副都心線の一部の車両に、リボンと額縁イラストの飾り枠に囲まれた「猫村さん」が5連で繋がっている中吊りポスターが出現しています。

Casa BRUTUSさん(@casabrutus)がシェアした投稿

デザイン、ファッション、建築、グルメ、旅行、アートなど、毎日を楽しくする「暮らしのデザイン」情報を発信するカーサ ブルータスならではの凝った型抜きポスターで、目にしたら思わず写真に撮りたくなってしまうようなインパクトのあるデザインとなっています。

日比谷線、有楽町線、半蔵門線、副都心線の車両に乗車する機会のある人はぜひチェックしてみては。

(C) Magazine House Co., Ltd./prtimes.jp