後継者に悩む宿を救うのは…伝説の猫!?桑田乃梨子さんの新刊「ざんねん!ねこ旅館」

伝説のねこが導く、癒し旅館の跡取り物語を描いたマンガ『ざんねん!ねこ旅館』が7月27日に刊行されました。

表紙イメージ

本書はマンガ家の桑田乃梨子さんが、猫マンガ雑誌『ねことも』で連載中の人気作を書籍化した作品。「ねこ旅館」というほっこりした舞台で繰り広げられる鋭いツッコミとシュールなボケが、じわじわとクセになる笑いを誘います。

登場キャラ

<あらすじ>
「このねこさ あの招きねこと 模様同じだよね」――おじいさんのおじいさんの代からつづく、ねこが棲みつく癒しの宿「旅荘 ねこ柳(やなぎ)」。

宿を切り盛りする父と母のあいだのひとり息子・楽は、将来宿を継ぐようにと毎日迫られているが、残念ながらその気がない。

そんなある日、宿に代々伝わる招きねこと瓜ふたつの不思議なねこ・えびすが楽の前に現れた。「ねこ柳」に危機が訪れると、どこからともなく現れるという伝説のねこ。

そのえびすは何故か「ねこ柳」のライバルで、町いちばんのホテルのお嬢さま・菫(すみれ)を毎日宿に連れてくるのだが……。

ひとり息子の楽(らく)になんとか宿を継いでもらおうと、あの手この手で迫ってくる父と、かたくなに拒否しながらも外堀をどんどん埋められていく楽。

そんな対照的な2人が繰り広げるやりとりは、キレのあるツッコミ台詞と相まって、読者を心地よい笑いに引き込んでいきます。

対立する父と息子
シュールな笑いが満載

また、オカルト的な物語の展開にも注目。

謎のねこ・えびすは「ねこ柳」がピンチになると現れるという「伝説のねこ」なのか?ライバルホテルのお嬢さまであるヒロインの菫(すみれ)と楽との微妙な関係は今後どうなるのか?えびすは縁結びの使いなのか?などなど、現代のおとぎ話のような読み手が引き込まれる要素が盛りだくさん。

不思議なねこ「えびす」との出会い
なぜ菫を宿に連れてくるのか…?

作中にはたくさんのねこが館内をうろつく「ねこ柳」の様子や「ねこ社員」など、たくさんの猫が登場するため、ネコ好きな人は見ているだけでも癒やされるマンガ作品となっています。

<著者プロフィール>
桑田乃梨子 (くわた・のりこ)
新潟県出身 3月4日生まれ。『ひみつの犬神くん』でデビュー。その後、『花とゆめ』や『LaLa』など少女漫画誌で作品を発表。可愛らしい絵柄とほのぼのとした空気感に、シュールなギャグと繊細な心の機微を織り込んでいく「桑田ワールド」で人気作家となる。代表作に『おそろしくて言えない』『男の華園-A10大学男子新体操部』『月刊1年2組』など。着ぐるみを着た動物たちのゆかいな日常を描いた『だめっこどうぶつ』はアニメ化もされた。
書名:ざんねん!ねこ旅館
著者:桑田乃梨子
仕様:A5判/128頁
発行:秋水社
発売:大都社

<参考>
吉田類さんが通いそうな猫の居酒屋が舞台、人気の猫マンガ「トラとミケ」の第2巻が登場
人型の猫として生きるのも楽じゃニャい!役割を演じる生きづらさを描いたマンガ「ねこにんげん」
180年後の日本は猫の国だった…?少子化の進んだ未来を描いた漫画「2200年ねこの国ニッポン」

©2020 NORIKO KUWATA/SHUSUISHA

最近の投稿