ねこが一番欲しかったのものは?愛猫家コンビが描いた絵本「ねこの3つのねがいごと」

友だちと出会う奇跡を描いた心温まる絵本「ねこの3つのねがいごと」が2月9日に刊行されました。

絵本「ねこの3つのねがいごと」の表紙

助けたへびから、「3つのねがいごとをかなえてあげる」といわれたのに、「ねがいごとなんてないさ」とクールに立ち去るねこ。でも、寒空の下をひとりぼっちで歩くうちに、ついつい本音が口をついて出てしまいます。

1つめは、食べもの。2つめは、温かいお家。
そして最後の3つめをつぶやいて、一夜明けたとき、目の前に現れたのは…。


 

<ストーリー>
おなかを すかせた ひとりぼっちの ねこが、もりのなかをあるいていました。
すると、くさむらから カサカサ おとが。

獲物を探す猫 by 絵本「ねこの3つのねがいごと」のワンシーン

ぴょーん! 
ねこがとびかかると、そこにはへびがいました。

「たべないで」
へびが、ねこにたのみます。
「たすけてくれたら、3つのねがいをかなえてあげる」

ねこは みみを ぴくりと うごかし こたえます。
「ねがいごとなんて、あるわけないさ」

ヘビを助けてあげる猫 by 絵本「ねこの3つのねがいごと」のワンシーン

つよがるねこでしたが、ぽつりといいます。
「さかなをたべられたらうれしいな」
「いえがあったらたすかるな」

そして、ねこが3つめに つぶやいた こととは…?

誰かと友だちになることの奇跡を描いた本作は、子供を抱っこしながら、あるいは愛猫を膝に乗せながら読んでみたい、そんな一冊となっています。

本書の作者はニューヨーク在住のカリスタ・ブリル(Calista Brill)。出版社に編集者として勤める傍ら絵本の執筆を行っており、ボートやドラゴン、馬、そしてねこがお気に入りのテーマ。一方、作画を担当しているのは「テディが宝石を見つけるまで」(あすなろ書房)の表紙を描いている画家のケナード・パーク(Kenard Pak)。

家では妻と2匹の猫と暮らしていて、本書に登場するねこは自身の飼い猫をモデルにしたという、ネコ好きなコンビによる絵本作品です。

絵本「ねこの3つのねがいごと」のプレゼント企画

出版元である岩崎書店のHPでは、抽選で3名様に本書を贈呈するプレゼント企画を実施中。
2月28日(木)23:59まで応募を受け付けています。

書名:ねこの3つのねがいごと
著者:カリスタ・ブリル
絵 :ケナード・パーク
翻訳:横山和江
定価:本体1,400円+税
判型:A4変型判/32頁/ハードカバー
対象:5、6歳〜


¥1,540 (2019/10/15 05:26:17時点 Amazon調べ-詳細)

(C) Iwasaki Shoten

最近の投稿