猫カフェ付きのゲストハウス「キャッツイン東京」がオープン

東京都板橋区に10月12日、猫カフェを併設したゲストハウスタイプの宿泊施設「CAT’S INN TOKYO(キャッツイン東京)」がオープンしました。

遊んだ後に泊まれる猫カフェ「キャッツイン東京」がオープン

この施設は猫カフェ単体として利用するだけでなく、猫カフェ+宿泊施設としても利用することができる、一風変わったシステムを採用。

施設の中はリビングとして利用できる「ロビースペース」と、ベッドのある「客室スペース」があり、日中のロビースペースは保護猫の里親探しを兼ねた猫カフェスペースとして営業しているため、宿泊客は営業時間(〜20:00)内であれば猫カフェスペースに自由に出入りして猫と触れ合うことができます。

ゲストハウス「CATS INN TOKYO(キャッツイン東京)の猫カフェスペース

ゲストハウス「CATS INN TOKYO(キャッツイン東京)の猫カフェイメージ

猫カフェペースには2016年10月現在、8匹の猫スタッフが在籍。猫カフェの利用者や宿泊施設の利用者は猫たちと一緒に過ごして、一緒に暮らしたいと思える子に巡り合えたら里親として立候補することもできます。

ゲストハウス「CATS INN TOKYO(キャッツイン東京)にいる猫スタッフたち

猫スタッフたちの就業時間は法律で定められた20時までとなっているため、宿泊してもそれ以降の時間帯に猫と触れ合うことはできませんが、宿泊施設を利用できるのは女性限定となっていますので、女友達同士で泊まれば猫ちゃんと遊べない時間も楽しく過ごせそう。

猫専門書店の「神保町にゃんこ堂書店」が監修した猫関連の書籍もたくさん置かれていますので、宿泊して一晩中ネコ読書にふけることもできます。

猫と一緒に添い寝したい!という人は、お昼寝のタイミングを狙ってみると良さそうですね。

一方、宿泊施設の客室スペースには、就寝中の体への負担を軽減するウッドスプリング構造を採用したドイツ製のベッドが導入されていて、猫との触れ合いだけでなく、吸い込まれるような寝心地の良さが旅の疲れを癒やしてくれます。

ウッドスプリング構造ウッドスプリング構造

ドイツPAIDI社のベッドドイツPAIDI社のウッドスプリングベッド

宿泊施設にはトイレ、洗面台、冷凍冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、シャワールームが完備されているほか、近くには大きな温泉施設が2軒あるので、友達とワイワイお風呂に入りに行くのも楽しそう。

ゲストハウスでの食事提供はありませんが、22:00まで営業しているスーパーが隣接しているため、お弁当やドリンク、おやつなどの買い出しも直ぐに行くことができるほか、24時間営業のコンビニも近くにあります。

所在地は東京都の板橋区、都営三田線の板橋本町駅から徒歩6分ほどの距離にあり、大手町などの都心に20分ほどでアクセスすることができます。

宿泊料金は施設の維持費、猫スタッフの医療費や生活費、猫の保護活動費などに充てられるため、宿泊することで人も猫も幸せになれる、猫好きにとっては嬉しい仕組みになっています。

猫雑貨の購入もできるニャ〜猫雑貨の購入もできるニャ

 

CAT’S INN TOKYO(キャッツイン東京)

■宿泊費用
1泊 6,000円~税込/1名
※費用は宿泊日や人数によって変動する場合あり

■清掃費用
チェックアウト時にルーム清掃代6,000円/1部屋
※宿泊人数で割った金額を1人あたりの宿泊料金に加算

■宿泊定員
4名

■宿泊対象
女性限定(中学生以上)
※小学生の子供の同伴は可

■宿泊予約
Airbnb」から申し込めるほか、氏名・宿泊希望日・人数を記入して「メール」で問い合わせ、または「電話(050-5278-0663)」にて申し込むことができます。

■アクセス

東京都板橋区宮本町52-2 1F

猫カフェ単体で利用する場合は、初回訪問時に利用説明を受けると500円で会員証が発行され、以降は30分500円で利用できるようになります。猫カフェの営業時間は変更になる場合があるので、事前に問い合わせてみるとよいでしょう。

東京での宿泊場所を探している方はもちろん、東京近辺に住んでいる方でもマンションの規約などで猫を飼えない人や、猫好きな友達同士で宿泊してみると楽しそうですね。

出典:ameblo.jpairbnb.jp

CATEGORY :