ダメ夫から猫姿まで、キスマイ北山が演じる映画「トラさん」の30秒映像が新たに公開

2月15日に全国で公開を予定している新作ネコ映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」から、新たに30秒のダイジェスト映像が公開されました。

映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」の新ビジュアルポスター

ある日突然死んだ男が猫の姿で家族の元に戻ってくる…そんなファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ「トラさん」(板羽 皆/集英社マーガレットコミックス刊)を実写映画化する本作。

いい加減で能天気、売れないマンガ家の主人公・高畑寿々男(たかはた・すずお)を演じるのはKis-My-Ft2の北山宏光さん。妻・奈津子(なつこ)役には女優の多部未華子さん、娘の実優(みゆ)役には子役の平澤宏々路さん。

さらには、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、バカリズムなど、個性豊かなキャスト陣が集結した注目の映画作品です。


 

新たに公開された映像では、ダメ夫から生まれ変わり、家族の元へ戻り、さまざまな思いを経て、愛する妻と娘に残したいモノのために走り出す寿々男(北山さん)の姿をダイジェストで紹介。

Kis-My-Ft2が歌う主題歌「君を大好きだ」に乗せて、切なくも心温まる物語が感動的な奇跡を呼び起こす予感を感じさせる映像となっています。

さらに、トラさんが憑依した北山さんの熱演が光る、可愛らしい場面ショットも初お披露目。

公開となったのは、娘の実優に猫じゃらしを振られた寿々男(=トラさん)が、不服そうにしながらも、渋々飼い猫として遊びに付き合う姿を捉えた微笑ましい一枚。

北山さんは本作で初めて猫役を演じるにあたって、昔飼っていた猫のしぐさを思い返したり猫の動画を見たりして動きを研究、さらには猫が二足歩行で歩けたとしたらどうなるか?イメージを膨らませるなどして、独自の役作りで挑んだのだとか。

娘の実優に猫じゃらしを振られた寿々男(=トラさん)が、渋々飼い猫として遊びに付き合う姿を捉えた写真
娘の相手をするトラさんなのニャ

この北山さんの「猫姿」は撮影現場でも大人気だったのだそうで、家族を演じた妻役の多部さんや娘役の平澤さんはもちろん、白猫のホワイテストを演じた飯豊まりえさんら他の共演者も、見た目の可愛さだけでなくトラさんが放つほのぼのとした空気感を大絶賛していたのだとか。

劇中では監督の原案をもとにブラッシュアップし、制作された「ふわふわの猫スーツ」を身にまとい、キュートな姿をスクリーンいっぱいに表現しています。

映画:トラさん~僕が猫になったワケ~
公開:2019年2月15日(金)全国ロードショー
配給:ショウゲート
©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会