犬猫の里親募集イベントが相次ぎ中止、対策として「ペットのおうち」がWEBの譲渡会場を公開

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、政府は先月から全国規模のイベントについて中止・延期・規模縮小などの対応を要請。さらに3月10日には、今後10日間ほど取り組みを継続するよう新たなメッセージを発信しています。

新型コロナウイルスの感染対策イメージロゴ

これを踏まえてスポーツの試合や音楽コンサートなど、全国でさまざまなイベントが開催の中止を発表していますが、屋内で不特定多数の人が集まる小規模のイベントでも自粛の動きが広がり、保護猫や保護犬の里親募集イベントにおいても開催を中止するケースが発生。

その影響から犬猫の譲渡が進みにくい状況が生まれています。

一方、猫は毎年4月前後に出産のピークを迎えるため、保護される猫の数はこれから本格的な増加が想定される時期。しかし、このまま譲渡イベントの中止が続いてしまうと、保護しているボランティア団体や個人の受け入れ先が過密状態となることは想像に難くありません。

遠くを見つめるキジ白猫の横顔イメージ写真

そのような里親募集の停滞および経済状況の悪化に伴い、救われない命が増えてしまうことを危惧して今月誕生したのが、国内最大級のペット里親募集サイト「ペットのおうち」が開設したオンライン譲渡会場。

インターネット上の譲渡会場「ペットのおうち オンライン譲渡会 supported by PURINA」


「ペットのおうち」は、事情によりペットを飼えなくなってしまった飼い主やペットを保護している保護活動者らと、ペットを飼いたい(里親になりたい)と考えている人が直接交流できるウェブサイト。無料の会員登録を行うだけで、すぐに里親募集情報の投稿、里親申し込み(里親応募)、コミュニティなどの機能を利用することができます。

国内最大級のペットの里親募集サイト『ペットのおうち』の画面イメージ

今回公開されたオンライン譲渡会場は、サイト内に特設ページを設けることにより、新型コロナウイルスの影響を受けて譲渡イベントに参加できず困っている保護猫や保護犬が、里親を希望している人々の目に触れる機会を増やし、イベントの自粛が継続される中でも譲渡ができるようにサポートする取り組みで、ペットフードの販売などを手掛ける「ネスレ ピュリナ ペットケア」の協力を元に実現。

ペットのおうちオンライン譲渡会ページで、猫の里親募集情報を表示した画面イメージ

通常の里親マッチングとは異なり、参加対象となる動物は「新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止・延期になった譲渡会イベントに参加予定であった犬猫」に限られるのが特徴で、884頭の犬猫と、76の保護活動団体が参加(2020年3月13日11時現在)。

里親になりたい人は専用ページ(pet-home.jp/emergency)にアクセスすることで犬猫の情報を見ることができるほか、募集情報を掲載したい場合は「ペットのおうちに保護活動者(法人/非法人)アカウントを保有している」「現在里親募集中のペットを1件以上掲載中」「今回の新型コロナウイルス蔓延に伴い影響を受けたイベントを確認可能である事」などの条件を満たすことで、問い合わせフォームより参加申請することができます。

参考:【随時更新】新型コロナウイルスの猫向けQ&A

(C) Easy Communications Inc.

友だち追加

記事の掲載依頼はこちら広告・媒体資料はこちら

記事の掲載依頼はこちら広告・媒体資料はこちら

最近の投稿