爆笑問題・田中裕二さんの猫愛が詰まった新刊「猫と田中」

お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二さんによる新しい書籍、「猫と田中」が本日1月25日から発売されました。

爆笑問題の田中さんと言えば、猫を飼っている芸能人として有名で、PPAPのネタで一躍有名になったピコ太郎(古坂大魔王)さんに猫を譲ったり、野良猫を追いかけているうちに道に迷ってしまったなど、猫に関するエピソードには事欠きません。

テレビで見かける田中さんは軽快なトークで司会などをこなしていますが、実は自ら自覚しているほど物事を考えないタイプの人。仕事であるお笑いコンビのことなどもまったく考えずに生活しているのだそうで、爆笑問題ではネタを考えているのがすべて相方の太田さんであることはよく知られています。

そんな田中さんが唯一、毎日に考えていることが「どうして猫はかわいいのか」ということ。

「地球に存在する生き物の中で猫ほど可愛いものはないと思っている」と断言する田中さんは、実家で暮らしていた頃からこれまでに30年もずっと猫と暮らしており、現在もチーちゃんとネネちゃんという2匹の猫を飼っている愛猫家です。

爆笑問題・田中裕二さんと愛猫のツーショット撮影=東MAX

本書では猫と暮らしてきた田中さんにしか表現できない猫の魅力が、深い愛情とともに語り尽くされており、目次には「猫とちゅうちゅう」といった如何にも猫愛が感じられそうなものから、「猫といいとも」や「猫と芸人」など、芸能人ならではの小話もうかがい知れそうな内容まで並んでいます。

書籍「猫と田中」の目次

スナップ写真では、田中さんに溺愛されて幸せそうに暮らしている猫ちゃんと、猫にデレデレな田中さんの幸せそうな表情が収められていて、思わずほっこりしてしまいそうです。

書籍「猫と田中」のスナップ写真1

書籍「猫と田中」のスナップ写真2

また、本書には「猫漫才師」という4コマ漫画が収録されているのも特徴で、田中さんとマンガ家「そにしけんじ」さんによる合作の描き下ろし漫画がたびたび登場するのも見どころのひとつ。

書籍「猫と田中」に収録されている、そにしけんじ氏の「猫漫才師」漫画

書籍「猫と田中」に収録されている、そにしけんじ氏の「猫漫才師」4コマ漫画

そにしさんは、猫が活躍する野球アニメ「猫ピッチャー」の作者で、読売新聞の日曜版で連載しているほか、BS日テレで放送されたりDVDも発売されているので、猫好きな人の中にはご存じの方もいらっしゃるのでは。

もともと田中さんがそにしさんのファンであることから実現したこの4コマ漫画ですが、本文中には、そにしさんによるイラストが添えられているので、そちらも一緒に楽しめる内容となっています。

■書籍:猫と田中
出版社:太田出版
発売日:2017年1月25日
単行本:144ページ

普段はものごとを考えないという田中さんが唯一考えてしまうという猫、その猫愛に触れてみてはいかがでしょうか。

画像提供:(C) 太田出版

<関連記事>
猫を飼っている芸能人、40人を一挙大公開!
正に達人!拳法使いの野良猫ばかりを集めた写真集「のら猫拳」

⇒その他の猫本紹介記事
⇒その他の最新猫ニュース

TAG :