猫の飼い主さん向け防災セミナー「日頃から備える猫のための防災」 9月に開催

猫の飼い主さんのための1日講座「日頃から備える猫のための防災セミナー」が2018年9月15日(土)に、東京・銀座にあるセミナールームで開催されます。

猫の飼い主さん向けセミナー「日頃から備える猫のための防災」 9月に開催

今月、大阪地方で大きな地震が発生したばかりですが、東日本大震災や熊本地震など大きな震災が起こるたびに、ペットを飼っている人に向けて防災や同行避難についての注意喚起が叫ばれるようになりました。

しかしペットのための防災・同行避難といっても、犬と猫では必ずしも同じではありません。

これまでペットの防災に関する講座やセミナーは犬を中心とする内容が多かった一方で、最近は猫の飼育頭数が犬を逆転するなど従来とは状況が変わりつつあります。そのような中、猫に特化した講座内容にすることで、猫の飼い主さんの危機管理や防災について学ぶ意欲を喚起することを目的としているのが本セミナー。


主催しているのは、動物専門教育のエキスパート機関である一般社団法人「全日本動物専門教育協会(SAE)」です。

一般社団法人「全日本動物専門教育協会(SAE)

講義では猫が災害時にどのような動きをするのか、一刻も早く一緒に避難するために活用できるアイテムは何か、猫を多頭飼いしている場合はどのように避難したらいいのか、日頃からどのようなことに慣らしておくとよりストレスが少ない状態で避難生活を過ごすことができるか、といったことなどについて学ぶことができます。

<カリキュラム>
・猫について
・災害時、猫がどのように行動するか
・より安全に迅速に避難するために活用できるアイテムの紹介と使用方法
・多頭飼育の場合の避難方法
・日頃の備え(アイテム+「慣れ」させるべき事柄とその方法)

今年の5月に行われた第1回目のセミナーでは、講義に加えて体験を伴うレクチャーも実施。

猫の飼い主向けセミナー「日頃から備える猫のための防災」の開催風景

「猫+猫用の避難グッズ+人間用の避難グッズ」を実際に持ってみて、人とペットの同行避難がどれほど大変なのかを体験する場面もあり、参加者の方によると、約10キロにもなる重量を持って避難するのは想像以上の負担だったようで、実際に体験してみないと分からない大変さを実感できたのだとか。

また、万が一に備えて猫用のマスクを装着する体験など、飼い主さんにとって普段体験する機会のないレクチャーも行われたようです。

ペットの防災セミナーは全国さまざまな場所で開催されていますが、犬と猫が同一の講義内容であったり、実演がある場合には犬であることも少なくありません。興味のある猫の飼い主さんはチェックしてみては。

 

日頃から備える猫のための防災

日程:2018年9月15日(土)
時間:10:30~12:30
費用:3,500円
定員:15名(最少催行人数は4名)

会場:SAEセミナールーム

東京都中央区銀座2-10-5銀座オオイビル5F

参考:セミナー申込ページ
(C) Japan Society for Animal Specialty Education/dreamnews.jp