ノルウェージャンフォレストキャット – 猫の種類&図鑑

ノルウェージャンフォレストキャットの写真

ノルウェージャンフォレストキャット(Norwegian Forest Cat) - 猫の種類&図鑑Photo by Gangburgondes

基本情報

原産 : ノルウェー(自然発生種)
祖先 : 不明
体型 : ロング&サブスタンシャル
寿命 : 14〜16歳
体重 : 3.5〜6.5kg(オス)
体重 : 3.5〜5.5kg(メス)
毛種 : 長毛種
毛色 : チョコレートとライラック以外すべて
毛柄 : ポインテッド系以外すべて
目色 : ブルー、グリーン、ゴールド、カッパー、オッドアイ

歴史

昔からノルウェーの森林地帯に生息していた猫でその歴史は古く、北欧神話にはノルウェージャンフォレストキャットの特徴をもった猫が登場するほどです。実際には8〜10世紀くらいにバイキングによってトルコの長毛種が北欧に持ち込まれた説が有力視されており、北欧の寒さに適応するため被毛が独特な進化を遂げた猫です。

キャットショーに登場したのは1930年代ですが、第二次世界大戦の影響で一時は絶滅の危機に瀕します。しかし、ノルウェーのブリーダーたちが種の保存に尽力し、その後、繁殖を繰り返して1977年にヨーロッパで公認されました。1979年にはアメリカにも渡ってきましたが、外見が「メインクーン」に似ていることから当時は公認されず、結局1993年にCFAから公認されました。

特徴

大柄な体型と、ゴージャスで機能性の高い長毛が大きな特徴です。オーバーコート(表面の毛)は水を弾きやすい防水性を備え、アンダーコート(表面の中に生えている毛)は保温性が高いので、とても寒さに強い猫です。北欧の過酷な環境を生き残るため、このような被毛が発達してきたと考えられています。
似たような体型・容姿をしている「メインクーン」とよく間違えられますが、メインクーンの顔を横から見ると鼻に緩やかなカーブ(通称:ジェントルカーブ)が見られますが、ノルウェージャンフォレストキャットの鼻には見られません。

性格

ノルウェージャンフォレストキャットの性格は知的で優しく社交的です。外で暮らしていた期間が長いためか、屋外での行動を好み、木に登ることが好きです。室内でも高い場所にいることが好きなようです。

病気、怪我、注意点

毛が長く抜け毛も多いので、1日2回朝と晩にブラッシングとコーミングを行い、月に1回はシャンプーをしてあげましょう。また、身体が大きく成猫になるまで3〜4年かかると言われていますので、食事や運動面に気をつけてあげる必要があります。

ノルウェージャンフォレストキャットの動画

 

この記事が気に入ったら
いいね ! してニャン

Twitter で