ネコの親子愛を描いた『ながいながい ねこのおかあさん』原画展が2月より開催!サイン本も販売

東京都世田谷区にある二子玉川 蔦屋家電で2月1日より、ねこの親子の愛情を描いた絵本作品『ながいながい ねこのおかあさん』の原画展が開催されます。

2020年11月2日刊行

同書は幻想的なキャラクターや空想的な作風で知られる画家で絵本作家のヒグチユウコさんと、サクセス目指して挑戦するぽっちゃり猫を描いたマンガ「ネコノヒー」の作者で漫画家のキューライスさん、二人の人気作家がコラボレーションして誕生した絵本。

キューライスさんが大学生の頃に思いつき長年温めてきたという原案に、ヒグチユウコさんが絵を描いた作品で、お尻が見えないくらい長い体を持つお母さんと子猫のお話です。

ある日、強い風でお母さんの尻尾まで飛ばされてしまった子猫。必死に走ったり、休憩したり、心細くなったり、疲れて居眠りしてしまったりと、お母さんに会いたくて奮闘する様子が描かれています。

体がとって長い猫のお母さん
頑張る子猫の姿が感動的

会場となる二子玉川 蔦屋家電の2FギャラリーⅡでは、1ヶ月にわたって『ながいながい ねこのおかあさん』の原画を展示。

二子玉川 蔦屋家電


開催にあたり、同店で絵本コンシェルジュを務める小川 舞さんからは、以下のコメントが寄せられています。

「ヒグチユウコさんとキューライスさんは、私にとって特別な存在です。
何かに行き詰まった時や心が重たくなった時に、本やネットの中にいる愉快なキャラクターたちに会いに行く感覚でページをめくると、彼らはいつもそこでマイペースに暮らしていて、その様子を覗くと一瞬で心がほどけます。 お二人は、そんな魔法のような作品を生み出す魔法使いのような方なのです。

今回はヒグチユウコさんが描いた原画を特別に展示させていただきます。 キューライスさんらしいユーモラスなストーリーによって生まれたこの親子をじっくりお楽しみください。
きっとながく育っていくであろうこねこの成長も、見守り続けたい気持ちです。」

また、会場内では『ながいながい ねこのおかあさん』をはじめ、幻想的でかわいい動物たちが次々に現れる絵本『ギュスターヴくん』など、ヒグチユウコ作品のサイン本が数量限定で販売される予定なっています。
(一人各1冊まで購入可、予約・取り置きは不可)

ヒグチユウコ×キューライス『ながいながい ねこのおかあさん』原画展

期間:2021年2月1日(月)~2月28日(日)
時間:10:00~20:00
入場:無料

会場:二子玉川 蔦屋家電 2FギャラリーⅡ

東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット

<参考>
ヒグチユウコ×キューライスの新作絵本『ながいながい ねこのおかあさん』展示会も開催中
ねことプレゼント探しの旅に出かけよう!全編リトグラフで描いた絵本「ふしぎなニャーチカ」
猫のシェフが作るレシピ付き!絵本のストーリーも楽しめる「トラネコボンボンのお料理絵本」

(C) Culture Convenience Club Co.,Ltd.

最近の投稿