7/1から山口県の周南市美術博物館で「猫まみれ展」が開催

2016年7月1日(金)~8月28日(日) にかけて、山口県にある周南市美術博物館で「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」という展示会が開催されます。

周南市美術博物館「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」引用:s-bunka.jp

「招き猫亭」とは、猫を表現した国内外の絵画や彫刻作品を40年にわたり集め続けているという謎のコレクターで、全国各地で展示会の開催や書籍なども出版されたりしていて、猫好き&美術好きの人から絶大な人気がある方でもあります。

本展では、そんな「招き猫亭」のコレクションの中から浮世絵や絵画、版画、彫刻など200点余りの作品が展示されるということで、周南市美術博物館がまさに「猫まみれ」となる、猫好きにはたまらない夏が訪れそうです。

 

猫まみれ展の内容

■展示される作品や作家(一部)
猫まみれ展の内容s-bunka.jp

歌川広重(江戸時代末期の浮世絵師)
歌川国芳(江戸時代末期の浮世絵師)
レオナール・フジタ(別名:藤田嗣治。大正〜昭和期の画家・彫刻家)
オーブリー・ビアズリー(1800年代後半の画家)
テオフィル・アレクサンドル・スタンラン(1800〜1900年代の画家、版画家)
小林清親(明治時代の版画家、浮世絵師)
椿 貞雄(大正・昭和期の洋画家)
斎藤 清(明治〜昭和期の版画家)
猪熊弦一郎(昭和期の洋画家)
など。

展示会では楽しい猫グッズも大集合するほか、1Fにある「カフェテラスまど」では、2013年に開催された「岩合光昭写真展 ねこ」の期間限定メニュー、「カフェにゃテ」がメニューに復活するそうですので、猫好きな方は訪れてみてはいかがででしょうか。

■カフェテラスまど
カフェテラスまど引用:s-bunka.jp

■カフェにゃテ
カフェにゃテ引用:img-cdn.jg.jugem.jp

 

展示会情報

■名称:招き猫亭コレクション 猫まみれ展
■時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
■休館:月曜日、祝日または休日の場合はその翌日
■料金:一般1,000円(800円) / 大学生800円(600円)
  ( )内は前売りおよび20名以上の団体
※18歳以下無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、
 戦傷病者手帳等をご持参の方とその介護の方は無料
※本展を鑑賞の際は常設展も無料で鑑賞可

■所在地

山口県周南市花畠町10-16