ダンボーの猫バージョン、「ニャンボー」のプラモが発売予定

人気コミック「よつばと!」に登場するダンボール製のロボット、「ダンボー」。

人気コミック「よつばと!」に登場するダンボール製のロボット、「ダンボー」引用:twitter.com

そのシンプルでシュールな佇まいから人気を博し、これまでに数々の企業とコラボしたり、写真展やイベントなどが開催されてきました。
 

Amazon × ダンボーのコラボAmazon×ダンボーのコラボ引用:goodsmile.info
 

ゆうぱっく × ダンボーのコラボゆうパック×ダンボーのコラボ引用:twitter.com
 

大丸 × ダンボーのコラボ大丸×ダンボーのコラボ引用:twitter.com
 

ダンボー写真展ダンボーの写真展引用:pbs.twimg.com

そんなダンボーの猫バージョンが、「ニャンボー」。猫耳としっぽを付けた、これまたシンプルな姿形なのですが、猫好きな人たちを中心に大きな話題を集め、これまでに、ニャンボーの可愛らしいフィギュアがたくさん販売されてきました。

ダンボーの猫バージョン「ニャンボー」引用:pbs.twimg.com

そして今回、新たにニャンボーのプラモデル版が発売されることが明らかになりましたので、ご紹介したいと思います。

新規造形のボディに、頭部にはキュートなネコミミ。 ニャンボーのプラモデル 前面

ダンボーでは「お金投入口」になっていた胸の装飾が、猫らしく「鈴」になっています。ニャンボーでは、「お金投入口」の部分が「鈴」に

後ろのシッポもしっかりと再現されています。ニャンボーのプラモデル 背面。しっぽ付き

頭、両腕、両脚、シッポが可動するので様々なポーズをとることができます。ダンボーの猫バージョン、「ニャンボー」のプラモデルが発売予定

胴体のスカート部分も可動するため、両脚の可動を妨げないのもポイント。ニャンボー胴体のスカート部分も可動するため、両脚の可動を妨げない

「茶白」「三毛猫」「黒白」の3匹がセットになった限定品バージョンも登場する予定です。「茶白」「三毛猫」「黒白」の3匹がセットになった限定品バージョン

高さは約9cmと小柄。パーツ数が非常に少ないので、プラモデルと言っても、簡単に組み立てやすい設計となっています。

また、猫の柄は付属のシールを貼るだけで装飾できるようになっていますが、ニャンボーの素材はプラスチック製なので、自分で塗装してオリジナル柄のにゃんこに仕上げてみるのも楽しそうですね。

 

ニャンボー[ミニ] プラモデル

発売月:2017年01月
サイズ:全高約90mm
価格 :税抜1,000円(1匹)
価格 :税抜3,000円(3匹セット)
素材 :PS(ポリスチレン) / PE(ポリエチレン)

出典:kotobukiya.co.jp

<関連記事>
ダンボーに猫耳と尻尾がついた「にゃんぼー!」アニメ放送開始

→その他の猫グッズ紹介記事

CATEGORY :