魔女が監修した「幸運をよぶ黒猫米」儀式キットの予約販売が開始

山形県酒田市にある黒猫魔術店から9月28日、「幸福をよぶ黒猫米」の販売が開始されました。

黒猫魔術店の「幸福をよぶ黒猫米」

黒猫魔術店は、2014年に開業したオカルトグッズの専門店で、「魔女」のいる店として様々なTV、新聞に掲載。魔術で願いを叶えるいにしえの魔女の知恵を現代に蘇らせ、正しく広める活動を展開しています。

今回発売された黒猫米は「魔術でお米を作ろう」というコンセプトを元に、魔女の知恵である占星術や魔術を使い、願掛けを行う繁栄魔術用のキットとして開発。山形県在住のスーツ農家である齋藤氏に栽培を依頼して誕生したお米です。

スーツ農家である齋藤氏に栽培を依頼して誕生したお米

なぜ黒猫米というものを開発することになったのか。

同店によると、日本で古くから食べられてきた米が近年は食べる量が大きく減っていることから、魔術を通して見つめ直してみたいと思い立ったのがきっかけ。昔から米や豆は実る粒の多さから子宝、多産、繁栄を象徴していると言われていることから、米と豆の繁栄の魔術をハロウィンにおこない、豆ごはんを調理して幸運をよぶお手伝いをしたいという想いが黒猫米には込められているのだそうです。

幸福をよぶ黒猫米

幸運をよぶ黒猫米は、パワースポットとして知られる霊峰出羽三山の麓(ふもと)で育てた山形県産の「つや姫」で、穢(けが)れていない浄化されたお米のパワーが強い有機栽培によって作られています。

また、同店の魔女である蜜猫が、様々な歴史文献を研究し占星術と魔術の観点からお米栽培を監修しているのも特徴で、田植えや収穫などの作業工程に占星術が使われているため、最高のエネルギーを秘めたお米になっています。

魔女が監修した「幸運をよぶ黒猫米」儀式キットの予約販売が開始

商品は黒猫米と紅大豆が入った通常セットのほかに、儀式セット、儀式マスターセットの3種類が用意されており、儀式セットにはお香やマジカルオイル、キャンドルなどの小道具も入っています。

「黒猫米」(つや姫)と紅大豆

繁栄魔術「幸運をよぶ黒猫米」儀式セット

いずれのセットも、願掛けの仕方を解説した説明書が1冊入っており、黒猫米に「願掛け」を行ったうえで豆ごはんを調理し、繁栄の小袋を制作。儀式が終わった後は、調理した豆ごはんを美味しくいただくことができるようになっています。

儀式後は豆ごはんとして食べられます。

幸福や繁栄、金運や願望成就の悩みを持つ人をはじめ、ハロウィンに本格魔術を楽しみたい方向けの商品となっているようですので、興味のある方はチェックしてみてはいかがででしょうか。

出典:atpress.ne.jp

→その他の猫をモチーフにした食べ物
→その他の猫商品

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でCAT_PRESSをフォローしよう!