東レが開発した治療薬「ラプロス」、猫の腎機能低下の抑制効果を持つ薬剤として国内初承認

繊維から化学製品まで幅広い事業を手がける東レ株式会社は2017年1月23日、同社が開発した猫慢性腎臓病治療薬「ラプロス®」が製造販売の承認を取得したと発表しました。

東レが開発した薬剤「ラプロス®」、猫の腎機能低下の抑制効果を持つ薬剤として国内初承認

猫は泌尿器系の病気にかかりやすい動物で、特に高齢の猫がかかりやすい病気として知られている慢性腎臓病は、腎臓の機能が徐々に低下していくことによって食欲不振や体重減少、多飲多尿、嘔吐など様々な症状が現れ、10歳齢以上の猫における有病率は30~40%にのぼるとの報告もあります。

一方、猫の慢性腎臓病は、病態が解明されていないことも多く、治療をしても回復することが難しい病気と言われています。

しかし、近年研究が進んだことにより、腎機能の低下と最も相関がある現象が判明。その現象を抑制することで結果的に腎機能の低下も抑制できると考え、開発を進めた結果誕生したのが「ラプロス®」という治療薬で、同社によると、腎機能の低下を抑制して臨床症状を改善させることができるとしています。

国内では「腎機能低下の抑制」を効能効果として承認を取得した薬剤はラプロス®が初めてとなるため、愛猫がすでに慢性腎臓病を患っているという方にとっては新たな治療の選択肢が与えられたことになります。

猫のサンプル写真

また将来、愛猫が腎臓の病気にかかることを懸念している飼い主の方にとっても、歓迎すべきニュースと言えそうです。

なお、この「ラプロス®」という治療薬は、2017年の4月より共立製薬株式会社から発売される予定となっています。

出典:toray.co.jp

⇒その他の最新猫ニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! してニャン

Twitter で